愛猫と書いてまなねこと読む

愛猫

こんばんは。

今日は実家で暮らしている家族について紹介させていただきます。
ええ、自慢です。かわいいんです。癒されます。

実家には両親の他に4人の家族が楽しく暮らしています。
数え方おかしくない?という意見は受け付けておりませんので。

元々、幼少期より一緒に暮らしていた愛猫がいたのですが、
2011年、東日本大震災の5日後に19歳で旅立っていきました。

私(と母親)は運よく看取れたのですが、その時の悲しみは今でも忘れられません。
避けて通れない道ですよね。

そんな悲しみを落ち着かせてくれたのは
その年、近所に張り出されていた里親募集で母親がもらい受けた子でした。


そら様 降臨

早速天井に漂う只ならぬ気配を感じ取るとは、なかなかやりおる。

写真は、家にきてから割とすぐの頃のものです。
小さい頃はやんちゃではあったものの、
あまり手に生傷ができることは少なかったかと思います。

 

そら様 窓が気になる

今度は窓の外に何かの気配を感じ取ったようです。

この頃は、おもちゃに対しても貪欲で、飛びついて暴れまわっていました。

スポンサーリンク

そら様 ソファの下が気になる

好奇心の塊です。

 

まだ小さく、片手で抱き上げられるほどでした。

 

そら様 成長する

寝てます。少し半開きですが、確かに寝ています。

 

最近の写真です。
あれ?あんなに小さかったのに。。

ん?あれから6年経っているということは
人間でいうと既に40歳を超えてらっしゃる・・?

いつの間にか年も抜かれてしまってましたね。
とにかく長生きしてほしいです。

まとまりはありませんでしたが。
そのうち、そら様の弟分、妹分、やんちゃ娘を紹介します。

では。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

愛猫そら, 愛猫

Posted by doradora