甘えん坊でおっとりした猫です。

愛猫

こんにちは。

前回紹介した「そら」の弟分の「りく」を紹介します。

これまた母親が、近所の動物病院で
一目惚れしたのかされたのか、もらい受けてきた子です。

りく様 連行される

家にきたばかりの頃
家にきたばかりの頃

本当の兄弟は、りく以外は白だったそうです。不思議ですね。

光があたると、瞳が青くきれいでした。

カメラ目線
カメラに目線を送る

今ではそらと変わらないくらい大きいですが
その写真はまた今度。

片手であしらわれる
片手に収まるほど小さかった

グレムリンに出てきそう

小さいころは、問答無用でかわいいもんですね。

グレムリンに似ている・・
グレムリンに似ている・・

まるでグレムリンを彷彿とさせる顔立ち。
あれ、グレムリンって若い世代は知らないんですかね?

不細工な寝顔
不細工な寝顔

私の腕の中で眠っています。
りくはよく口を開けています。だらしないですね。
あと甘噛みが得意です。本気で噛まれたことはありません。

昔はとにかくよく眠る子で、わしゃわしゃしても起きませんでした。

スポンサーリンク

ステルス能力の片鱗

カーペットと同化する能力が発動
カーペットと同化する能力が発動

これはまだわかりやすいですが、
上から見ると完全に敷物と同化します。笑

気を付けないと踏んでしまいそうです。

そらも気になるが近づけず。。
そらも気になるが近づけず。。

そらも、気になって仕方がないようですが
なかなか近づけず、遠くから見守っていました。

なぜかそらが箱から覗く
なぜかそらが箱から覗く

猫はみな段ボール箱がお好きです。

そらが先に占拠してしまい、りくは入りたいけど入れない状態。
これは先輩としての威厳を示しているんでしょうか。

仲良くなってくれた

スキンシップし始める
スキンシップし始める

そうこうしているうちに
とうとう取っ組み合いを始めた方と思いきや。

急速に距離を縮め始めました。

そらに乗るりく
そらに乗るりく

気付いたら、そらの上にりくが乗っています。
甘えているのでしょうか。

ちなみにそらの下で苦しんでいるのは私です。

 

同じ態勢で寝る
同じ態勢で寝る

そんなこんなで
兄弟の多かったりくの甘え上手のおかげか
無事に仲良しになってくれました。

そらも、りくもおっとりした性格で甘えん坊なので
お互い気が合ったのかもしれません。

以上。

今回はとりとめもなく、りくの紹介でした。

では。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

愛猫りく, 愛猫

Posted by doradora