お弁当用のつくおきにも。青椒肉絲と春巻きは相性抜群!

2018年6月8日自炊生活

こんばんは。

ゴールデンウィークは家でゆっくり過ごしています。

でもあっという間に半分過ぎてしまい、焦ってきました。

GWとは関係ないですが、チンジャオロースの春巻きを作ってみました。

お弁当やおつまみにバッチリです。

準備をする

材料

チンジャオロースの材料
チンジャオロースの材料
  • 豚ひき肉(220g)
    牛、合い挽き、お好きなものを
  • ピーマン細切り(2~3個)
  • タケノコ水煮の細切り(1袋)
  • オイスターソース(大さじ1)
  • ★お酒(大さじ2)
  • ★醤油(大さじ1)
  • ★みりん(大さじ1)
  • ★鶏ガラスープの素(小さじ1)
  • ★砂糖(小さじ1)
  • 生姜すりおろし(少々)
  • ごま油(小さじ1)
  • 片栗粉(大さじ2)

手順

  1. 肉を炒める
    ごま油(分量外)に、生姜すりおろしを入れ香りがたったら
    挽肉を入れ、焼き色がつくまで炒める。
  2. 野菜を炒める
    挽肉は一旦取り出しておき、そのままフライパンに
    ピーマン、タケノコを投入、炒める。
  3. さらに炒める
    ピーマン、タケノコがしんなりしたら挽肉を戻し
    更にさっと炒める
  4. 合わせ調味料を投入
    ★マークの調味料をよく混ぜ合わせたやつをフライパンに投入し
    更にさっと炒める
  5. とろみ付け
    水溶き片栗粉を投入し、お好みのとろみ具合にする
    (春巻きにするため少しまとまるようにとろみをつける)
  6. 春巻きの皮で巻く
    今回は半分にした皮に巻き、少し小さめにします。
  7. 揚げる
    具材は火を通してあるため、揚げ焼きにします。
  8. 皿に盛る
    揚げた春巻きを皿に盛って完成。

炒める

挽肉を炒める

フライパンにごま油を熱し、生姜すりおろしを加え香りを出します。

ごま油と生姜すりおろし
ごま油と生姜すりおろし

挽肉を入れ、焼き色がつくまで炒めます。

投入直後
投入直後
焼き色がついた状態
焼き色がついた状態

野菜を炒める

挽肉を一旦取り出しておき、ピーマン、タケノコを(同じフライパンでOK)炒めます。

野菜を炒める
野菜を炒める

さらに炒める

野菜がしんなりしたら、挽肉を戻し、合わせ調味料を加えさらに炒めます。

挽肉が戻ってきた
挽肉が戻ってきた
合わせ調味料IN
合わせ調味料IN

とろみ付け

水溶き片栗粉でまとめます。

とろみづけ
とろみづけ

ここは、やってもやらなくてもいいかもしれません。。

お好みでどうぞ。

スポンサーリンク

巻いていく

春巻きの皮を三角形に切り、半分にします。

春巻きの皮(1/2)
春巻きの皮(1/2)
タネをのせる
タネをのせる

縦に3等分した真ん中あたり、やや下部にタネをのせます。

まきまき
まきまき

下の部分を上方向に折り畳み、タネが隠れるようにします。

両端に小麦粉ノリを塗り中に折ります。

タネがはみ出ないように気を付けてください。

そのまま上にくるくる巻き、巻き終わりにも小麦粉ノリを付けてぴったりとめます。

巻き終わり
巻き終わり

タネが尽きるまで巻いていきます。慣れると楽しくなってきます。

揚げ焼いていく

全て巻き終わったら、少量のサラダ油をフライパンに入れて揚げ焼きにしていきます。
(春巻きが半分つかるくらいの量)

油をはったフライパン
油をいれたフライパン

油の温度は180度くらいですかね。

揚げ焼き中
揚げ焼き中

片側ずつ上げていきます。
下側がこんがりキツネ色になったらひっくり返します。

完成

完成
完成

揚げ焼き終わったらお皿に盛って完成です。

春巻きは色々な具材で作れるし、
半分のサイズで作るとお弁当にも丁度よくていいですね。

次回はもっと細いスティック春巻きなんかも作ってみようかと思います。

では。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年6月8日自炊生活おつまみ, お弁当, 料理, 春巻き, 青椒肉絲

Posted by doradora