今使っている自転車を電動自転車にできる「UrbanX」

2018年7月18日ガジェット

おはようございます。

電動自転車。

今やお子さんがいるお母さんであれば誰もが憧れるものですよね。

もちろんお母さんでなくても、
欲しいと思っている方は少なくないはず。

私も買うかどうか悩んだ時期がありましたが、
今のところ、結局バイクで移動することの方が多いし、
一応まだまだ使える自転車があるので購入には至っていません。

が、今使っている自転車を、
前輪を交換するだけで簡単に電動自転車に変身させられるとしたら
これはまたちょっと悩まされてしまいそうです。

スポンサーリンク

UrbanX

UrbanX(アーバンエックス)は、わずか60秒でお使いの自転車を電動バイクに変えるスマート電動フロントホイール。最高距離48.2kmを最高速度32.1km/hで走行可能に。

特徴

UrbanX取り付けイメージ
UrbanX取り付けイメージ
  • どんな自転車にも
    ほとんどの電動自転車は、仕組み上どれも同じような見た目をしています。
    それはおそらくあなたのスタイルには合わないでしょう。
    UrbanXは、あなたの趣味やライディングスタイルに合わせることが可能です。
    お気に入りの自転車に取り付けて電動自転車に改造しましょう。
  • 手ごろな価格
    ほとんどの電動自転車は高価です。
    あなたが既に所有し愛している自転車を手放すことなく、
    買い替えるよりは低コストでアップグレードしましょう。
  • 低重量
    ほとんどの電動自転車の重量は30〜40kgです。
    UrbanXは、軽量になるように設計されており、自転車に約7kg追加するだけです。
  • 簡単操作
    ほとんどの電動自転車は踏み込むのが難しいです。
    UrbanXは、フロントホイール用に設計されており、ペダルに影響を与えないように設計されています。

走行モード

スマホで設定
スマホで設定

走行モードは、Android,iOS アプリから制御可能。

  1. 全自動モード
    ハンドルに取り付けたスロットルで、
    まるで原動機付自転車のように走行することが可能です。
  2. アシストモード
    いわゆる一般的な電動自転車のように、
    自力で走行するのをアシストしてくれるモード。
  3. マニュアルモード
    通常の自転車と同様、電気によるアシストを受けずに自力で走行するモード

更に、ホイールを交換するだけで、簡単に元の普通の自転車に戻すことも可能です。

バッテリーの持ちについて

特許出願中の技術により、バッテリーの持ちもいいようです。

当社の特許出願中のSinus Algorithm Control Systemを使用して、
バッテリーに蓄えられた電気エネルギーを車輪の動きからの運動エネルギーに変換することにより、UrbanXはエネルギー損失を最小限に抑え、出力を増やし、最終的にはバッテリーの走行範囲を広げることができます。

 

まとめ

電動自転車、
やっぱり私には今のところ必要なさそうな代物ですが、
まだ小さいお子さんがいるご家庭であれば、あるととても楽になると思います。

今なら数量限定、52%オフで購入できるようですよ。

ではでは。

 

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ