蚊を誘って吸い込む、殺虫剤を使わない蚊取り器「ウェル蚊ム」

2018年7月20日ガジェット

おはようございます。

当ブログでも既に2つも同様の製品を記事にしましたが、
人と蚊との戦いには(たぶん)終わりがないので次なる刺客を。

以前紹介した蚊取りスティックを扱う
サンコーレアモノショップ にて新しい蚊取り製品がありました。

その名も「ウェル蚊ム」

私も自社製品などを世に出す仕事をしているため
製品の名前を考えることがたまにあるのですが、これが難しい。。

「ウェル蚊ム」もパッと見ダジャレだし簡単に決まったんだろうって
思われそうですが、きっと開発者が一生懸命考えて命名したものなんだと思います。(たぶん)

スポンサーリンク

ウェル蚊ム

製品イメージ
製品イメージ

製品紹介ページより転載

殺虫剤なしで蚊をキャッチ!誘って吸い込むUSB駆動の蚊取り器です。

赤ちゃんや小さなお子様がいるご家庭、その他ペットがいるご家庭などでは 蚊を駆除するのに殺虫剤などの薬剤を使うのには抵抗がありますよね。 出来れば薬剤は使いたくないものです。

そうはいっても実際に蚊に刺されてしまうと、痒いしどうにかして蚊を駆除したくなります。 小さい虫ですから、手で叩くのも結構大変です。

こちらから蚊を捕まえに行くのではなく、蚊を誘い込む。 そんな商品がこの蚊を誘い込む吸引式蚊取り器「ウェル蚊ム」なんです。 誘蛾灯で近寄ってきた蚊を、ファンの力で内部に閉じ込めます。

殺虫剤などは一切必要ありません。だからとっても安心安全。 あなたのご家庭を蚊からしっかりお守りします。

特徴

蚊を捕獲する3つのポイント

ポイント
ポイント

蚊を捕獲するために考えられた3つの機能

  1. 誘蛾灯
    虫が好む光を発することで、蚊をおびき寄せることができます。
  2. 強力ファン
    強力なファンによって誘蛾灯で集まった蚊を一気に吸い込みます。
  3. 捕獲トレー
    強力ファンによって吸い込まれた蚊が捕獲されるトレーは
    蚊が逃げられないような形状をしています。
捕獲イメージ
捕獲イメージ

蚊を捕獲するイメージは図のような感じだそうです。

2つのモード

  1. 手動モード
    必要な時にだけ使用する場合、
    上部にある電源ボタンによって手動でオン/オフを切り替えられます。
    屋外で利用する際に最適なモードです。
  2. 自動モード
    光センサーが内蔵されており、
    光を感知しなくなると作動させ、光を感知すると停止させることができます。
    寝る時に自動でオン、朝起きたら自動でオフといったように
    自宅での利用に最適なモードとなっています。

USB給電で動作する

USB給電で動作するため

使用イメージ①
使用イメージ①

自宅でサイドテーブルなんかに置いても
殺虫剤や薬剤を使わない仕組みとなっているので匂いも人体への影響もありません。

使用イメージ②
使用イメージ②

オフィスのデスクに置いても
スタイリッシュな見た目でパッと見蚊を取っているようには見えません。

使用イメージ③
使用イメージ③

屋外でモバイルバッテリーを使って使用することもできます。
夏の夜のイベントでは、誘蛾灯が大活躍しそうですね。

また昼間のバーベキューなんかでもこれを持っていけば友人から賞賛されること
間違いなしですね。

まとめ

こちらも、予約商品となっていますが
Twitter や Line でお知らせを受け取ることもできるようですので、
気になった方はひとまず登録しておくといいですね。

今年に間に合わなくても
蚊との闘いが続く限りはこういったものを持っていてもいいかと思います。

ではでは。

以前紹介した製品はこちら。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年7月20日ガジェットガジェット, ライフ, 蚊取り器, 誘蛾灯

Posted by doradora