サクラエディタのマクロでCSVからさくっとインサート文を作る

2018年7月19日Windows, 作業効率, 小ネタ

おはようございます。

今回は、サクラエディタで
CSVやタブ区切りのテキストデータを元に
インサート文を一瞬で作成する方法を紹介します。

サクラエディタのダウンロードはこちらから。
サクラエディタ公式ページ

スポンサーリンク

CSVやタブ区切りからインサート分を作成する

CSVファイル(実際の個人情報ではありません)

手順

カンマをタブに置換

カンマの置換

カンマ区切りのCSVであれば、カンマをタブに置換します。
項目がダブルクォートで囲われている場合は、
ダブルクォートを置換によってあわせて除去しておきます。

例:
「,」→「\t」
「”,”」→「\t」

タブを置換

タブを置換
タブを置換

タブをシングルクォート+カンマ+シングルクォートに置換します。

例:
「\t」→「’, ‘」

行頭を置換

行頭を置換
行頭を置換

行頭を「 INSERT INTO @TABLE VALUES(‘ 」に置換します。

例:(正規表現)
「^」→「INSERT INTO @TABLE VALUES(‘」

※「^」正規表現で行頭をあらわす

行末を置換

行末を置換
行末を置換

行末を「 ’); 」に置換します。

例:
「$」→「’);」

※「$」正規表現で行末をあらわす

更に現在日時などの列があるのであれば、
データベースに合わせて、工夫して置換しておく。

テーブル名を「@TABLE」としたのは、
マクロ化した場合に後からテーブル名を指定するためです。

マクロ化する

マクロ化しておくと同じ作業がものすごい捗ります。

マクロの記録開始
マクロの記録開始

上部メニューより「ツール」>「キーマクロの記録開始」を選択します。

記録を開始したら先程の手順でインサート文を作成します。

マクロの記録終了&保存
マクロの記録終了&保存

インサート文の作成が完了したら
「ツール」>「キーマクロの記録終了&保存」を選択します。

マクロの登録

記録、保存したマクロを登録します。

共通設定
共通設定

上部メニューの「設定」>「共通設定」を選択します。

マクロタブ
マクロタブ

共通設定の「マクロ」タブを開き、先程保存したマクロを登録します。

登録済みマクロの実行

登録済みマクロの実行
登録済みマクロの実行

上部メニューの「ツール」>「登録済みマクロ」から、
登録したマクロを呼び出すことができます。

まとめ

開発作業をしていると、
インサート文を作らなければならない機会が沢山あるので
そういった作業はなるべく効率よくできるように工夫することが大事ですよね。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年7月19日Windows, 作業効率, 小ネタCSV, SQL, サクラエディタ, 作業効率

Posted by doradora