Amazon ダッシュボタンに「バーチャルダッシュ」が追加されたようです

Amazon, サービス

おはようございます。

少し時間が経っていますが、
以前このブログでも紹介した「Amazon Dash Button」に
スマートフォンやPCから簡単に注文が行える「バーチャルダッシュ」というものが登場しました。
(2017年8月23日)

「Amazon Dash Button」は、
実際にボタン型のガジェット(1個500円)を使って注文を行うのに対し、
「バーチャルダッシュ」はアプリやWEBページから同等の事ができるようになっているようです。

Amazon バーチャルダッシュ

公式サイトより転載

バーチャルダッシュは、Amazonプライム会員のみがご利用可能で、Amazon.co.jpのウェブサイト(PC,モバイル)および無料でダウンロードできるAmazonショッピングアプリ(モバイル版)を経由して、いつでもどこからでも簡単に商品が注文できる機能です。バーチャルダッシュは、数千万点にも及ぶAmazonプライムの配送特典対象商品(一部商品を除く)にご利用いただけます。また、バーチャルダッシュは追加料金なしで、商品ごとに何種類でも作成してご利用いただけます。

スポンサーリンク

特徴

いつでもアクセス可能

公式サイトより転載

Amazonのホームページ、または バーチャルダッシュの管理 では、ボタンにラベルを付ける、ボタンの削除、ボタンの並べ替えなどを行うことができます。Amazonで頻繁に再注文される商品を購入すると、自動的にボタンが作成されます。Amazonプライム対象商品であれば、その商品詳細ページから新たにボタンを追加することができます。

素早く再注文

公式サイトより転載

「注文へ進む」ボタンを2度タップするだけです。バーチャルダッシュによるご注文商品の配送料は無料です。間違って注文した場合でも、出荷準備に入る前であればいつでもキャンセルすることができます。

無料でいくつでも

公式サイトで紹介されていますが、
バーチャルですので、WEBやアプリから注文するためのボタンは
お好みで何種類でも作成することができます。

ここが実物と大きく異なるところですかね。
画面からの操作となるので、誤って注文した場合を考慮して
基本的に2タップで注文といった仕組みになっていたり、出荷前であればキャンセルが出来るようになってます。

まとめ

「Amazon Dash Button」は
日用品など、ついつい買い忘れてしまうものを(日用品などを置いてある場所にボタンを設置しておくことで)買い忘れ防止できたり、簡単に注文できるといったところを売りにしているんだと思いますが、バーチャルダッシュは単純によく買うものを買いやすくといった感じですね。

顧客毎にニーズは違うし、
もちろん簡単に注文できる仕組みってところはいいと思うのですが、
Amazon Dash Button のバーチャル版として出したところは、
なんだか実物のいい部分を継承している感じもないし、正直どうかなと思いました。

まあ確実に便利になっているので文句は言えませんね。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ