資産形成の知識はRPGで学ぶ「信託クエスト」

2018年7月20日サービス, 資産運用

おはようございます。

人生において、
資産形成、資産運用の知識というのはとても重要なものだと思います。

しっかり学んでおかないと無駄にお金を使ってしまったり
いざ必要な時に十分なお金が無くて困ったりしてしまうんじゃないかと思います。

私自身、今現在後悔していることは
もっと早い段階でしっかり学んでおくべきだったということです。

そもそも日本では義務教育でお金の教育をしていません。
海外では早くて小学生から投資の授業を受けているそうです。

昔は年金もしっかりもらえていたのでしょうし、
自分自身でも貯蓄をしていれば何の問題もなかったのだと思いますが
現代においては、国に任せておけば安心なんて思っている方はいないでしょうし、
実際に私なんかが年金を受け取る年になった時に、おそらく満足な年金はもらえないでしょう。

ただ、いざ勉強しようと思っても
今まで何も考えてこなかったのに急に身に付けるというのも
なかなかに敷居が高いのではないかと思います。

そんな人にお勧めなサービスが
三菱UFJ信託銀行から提供されていますので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

信託クエスト

三菱UFJ信託銀行の利用者向けに、
ゲームを通じて未来のための資産形成について学ぶことができる
チャット形式で進めるRPG。

ゲーム形式なので、
勉強が苦手な方でも取っつきやすいと思います。

基本的に選択肢を選んで進めていきますが、
お金の使い方を間違えると速攻でゲームオーバーとなります。

やってみる

次のURLにアクセスします。

三菱UFJ信託銀行

トップページ
トップページ

トップページにさりげなく表示されている王様のアイコンをクリックします。

ゲーム開始

ゲーム画面
ゲーム画面

チャット風の画面が表示されます。

はいボタンをクリックします。

ゲーム画面
ゲーム画面

初プレイですので、「はじめから」ボタンをクリックします。

王様登場
王様登場

王様が現れ、RPGっぽい感じになってきました。
「魔王」ボタンをクリックします。

王様との会話
王様との会話

どうやら姫がさらわれてようです。
「まずは何を?」ボタンをクリックします。

王様との会話
王様との会話

まずは旅の支度をしろとのこと。
支度ができなければ城下町から出すわけにはいかぬとな。

「旅の支度?」ボタンをクリックします。

資金を受け取る
資金を受け取る

旅の資金として、100ゴールドくれるそうです。
とても王様とは思えないケチっぷりですね。

仕方ないので「受け取る」ボタンをクリックします。

資産形成の話しを始める王様
資産形成の話しを始める王様

どうやらお金にはうるさいタイプの王様のようです。
「資産形成?」ボタンをクリックします。

魔王を倒すために必要な金額
魔王を倒すために必要な金額

王様が65,000ゴールド用意してくれればすぐにでもゲームクリアなんですけどね。
選択肢がひとつしかないので「そんなに!?」ボタンをクリックします。

漫画で分かる資産形成
漫画で分かる資産形成

ここで漫画で分かる資産形成を進められます。
ちゃんと学ぶためには読んでみましょう。

読んだら「ステータスを確認」ボタンをクリックします。

レベルアップ
レベルアップ

そのあとお金をねだる選択肢が出てきたので、
お約束でクリックしてみます。

やっぱりくれないようです
やっぱりくれないようです

王様黙っちゃいました。
王様こそ資産形成を学ぶ必要があるんじゃないでしょうか。

仕方ないので「我慢します」ボタンをクリックします。

100ゴールドを手にカジノへ
100ゴールドを手にカジノへ

選択肢が3つありますが、
100ゴールドじゃとてもやっていけないので、「カジノに行く」ボタンをクリックします。

カジノ
カジノ

「カジノに挑戦する」ボタンをクリックします。

バニーガール暴走
バニーガール暴走

ぼったくりバーなみの速さで全財産を使われてしまいました。

もちろんの展開
もちろんの展開

もうお分かりかと思いますが。

当たるはずもなく
当たるはずもなく

めでたく一文無しになりました。

ゲームオーバー
ゲームオーバー

ゲームオーバーです。
資産運用、資産形成においてカジノやギャンブルはご法度ということでしょうかね。
「はじめから再挑戦」をクリックして、まじめに進めてみます。

再挑戦

資産形成の話しがでてくる
資産形成の話しがでてくる

まじめに進めていくと信託銀行に連れていかれます。
ここからが本番ですね。

選択肢によっては色々なルートがあるようなので、何度もチャレンジして学んでみたいと思います。

まとめ

お子さんがいる方は、
是非早いうちにこういったものを利用してお金の教育をしておくと
お子さんの未来のためになると思いますので、是非。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ