お風呂で小説でも漫画でも読めちゃう「Amazon Kindle Oasis」

Amazon, ガジェット

おはようございます。

Amazonから同シリーズ初となる防水仕様の「Kindle」が発売されました。

私は Kindle Fire(タブレット)しか持っていないんですが、
会社の人に Kindle(タブレットじゃないやつ) を見せてもらったら、やっぱり本を読むのであれば、こっちの方が断然優れているなという印象を持ちました。

よく、本はやっぱり紙じゃないとダメだよって方もいらっしゃいますが、
「Kindle」はディスプレイで見た感じがホントに紙のような質感で、すごい読みやすいんですよね。

今まで本は紙派だった方も是非店頭で見てみてほしいです。

Kindle Oasis

製品イメージ
製品イメージ

 

公式ページより転載

  • 本物の紙のように読みやすい、Kindleシリーズ最大の7インチ、300ppi 高解像度 ディスプレイを搭載
  • Kindle初の防水仕様(IPX8等級)。お風呂や、プールサイドなど今まで適わなかった場所でも読書が楽しめます
  • 大きく、見やすい画面で、マンガ好きにもぴったり。セリフが多いマンガや細やかな描写も美しく再現
  • マンガ好きのために開発された 「連続 ページターン」、「見開き表示」、「シリーズごと にまとめて表示」などの便利機能が搭載
  • ボタンのひとつにいたるまで人間工学に基づいたデザイン。片手でも、長時間快適に読書を楽しめます
  • 一度充電すれば、最大6週間読書をお楽しみいただけます
  • 前世代と比べて2倍の8GBなら、数千冊の書籍、約140冊のマンガが保存可能。さらに、32GB大容量モデルなら、マンガでも650冊以上保存できます

今更ですが、そもそも「Kindle」は電子書籍リーダーってやつです。
画面で書籍を読むために最適化された端末なのです。

スポンサーリンク

特徴

枠内は公式より転載

Kindleシリーズ最大のスクリーン

大きいスクリーン
大きいスクリーン

シリーズ最大となる 7インチです。
最近は 7インチのタブレットが増えましたよね。

大きすぎず、小さすぎず、丁度いいサイズなんでしょうか。

また、冒頭で言ったように、スクリーンがスマフォやタブレットとは違います。
イメージとしては電子辞典とかああいった感じになるんですかね。

なので、日差しに反射しにくく、とても読みやすいです。

紙のように軽く

最も薄い部分が 3.4mm しかありません。ので、軽いです。
また重さも 194g しかありません。シリーズ中で大きさとの比率で言えば一番軽いモデルとなります。

あんまり薄すぎても耐久性が気になるところですが、そこもきっちり仕上げてきているようです。

片手でも快適

背面は平らではなく、持ちやすいようにグリップが付いているようです。
その部分にページ送りの物理ボタンも付いているので使いやすくなっています。

グリップを右でも左でも切り替えて利用することも可能です。

大容量

8GB ~ 32GB までのモデルからお好きなものを選ぶことができます。

32GBであれば、漫画が650冊以上も保存ができるようです。
そんなに入れていても読むのに相当時間がかかってしまいそうですね。

目に優しいフロントライト

反射しないディスプレイ
反射しないディスプレイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タブレットのバックライトのように目に向かって後ろから光を照射するのではなく、
内部のライトがスクリーン表面を通してディスプレイ全体を照らし、直接目に光が当たりにくいようです。

また、周囲の明るさを検知して自動で明るさの調整もしてくれるみたいです。

防水

防水仕様
防水仕様

目玉機能ですね。
水深2メートルまで、最大60分間は水の中でも耐えられるようです。

私はたまーに湯船にゆっくり、1時間くらい浸かることがありますが、
そういった時のお供にもってこいです。

まとめ

他にも、紙の本を超える嬉しい機能も盛りだくさんです。
また、先日紹介した新サービス「Prime Reading」とも抜群に相性ピッタリなので、
本が好きな方はこの機会に試してみては。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ