人の振り見て我が振り直せとはよく言ったもの

2017年11月5日その他, 雑記

おはようございます。

表題から想像がつくかと思いますが雑記です。
最近身の回りで起こっている困ったことに対して思うことをつらつらと。

自分なりに対処についても考えてみました。

スポンサーリンク

困っていること

最近、というかもうずっとではありますが、
身の回りにとてつもなく機嫌が態度に出る方がいまして、
何か依頼(といっても筋の通ったもの)をする度に嫌な顔をされていました。

特に嫌われるようなことをした覚えもなく、
その人と接する他の人に聞いても皆同じような経験があるとのことだったので、
もうそもそもそういう人なんだろうと思います。

また、とにかく自分は忙しいというアピールもひどくて頼んだことを後回しにされる確率も結構高いです。(私にはとても忙しいようには見えませんが)

そのくせこちらに何か依頼をする(筋が通っていないことも)場合は、普段しないような笑顔、態度で話しかけてきます。

私自身、今まで巡り合う人の運がよかったのか
こういった経験はなかったのですが、友人なんかに聞くとまあ、そんな人はざらにいるらしいですね。

原因

何故その人はそうなのか。
原因というか根本にあるものがなんなのか考えてみました。

  1. そもそもそういう性格
    嫌だと思う事がすぐ態度に出てしまう。
    好き嫌いが激しい。など。
    ただ、嫌われているわけではないと思うので少し違うかな。
    性格はたぶんそういう性格なんだと思いますが、どういう心理でそういった態度をとるのか不思議です。
  2. 過去の経験によるもの
    例えば今までイエスマンだったが、何でも依頼されて何でも請け負っていたら嫌な目にあったので、人から何か依頼されることに抵抗が芽生えた。
  3. 自分を守るため
    とにかく自分のテリトリー(物理的ではなく精神的な)を侵されるのを嫌い、
    相手からの干渉に対して防御をしている。
  4. 余計な事はしたくない
    いやいや、余計なことではないんですが。。

少し考えてみたものの、わかるはずもないですね。。

対処

本音を言うと、なるべく関わりたくないんです。
こちらの精神にも負荷がかかるので。

ただそうも言ってられないので、どうすればいいか考えてみました。

  1. 依頼をするときは思い切った笑顔でする
    これはちょっとやってみたんですが、向こうも釣られて笑って(ニヤリくらい)しまい
    いつもよりは依頼がしやすかったです。
  2. 直接やり取りしない
    依頼はメールでするようにする。
    今までは直接依頼をして、その場で態度に振り回されていますが、
    メールであればまたちょっと違うかも。
    ただ消極的な策ではありますし、メールでも嫌味なんか言われたらそれはそれでむかむかしますね。。
  3. 直接思っていることを話す
    学生時代に友人とケンカして仲直り、みたいな訳にはいかないですからねぇ。
    これは厳しいか。

こう色々考えてみると出来ることって少ないですよね。

まとめ

周りを不快にさせる人っていうのは、自分自身でそうだとは気づいていないことも多いんじゃないかと思います。

原因にもよりますが、若い方であればまだ修正がきくだろうけど、それなりにいい歳をしている方の場合はどうしたらいいものか、本当にわかりません。

結局は、自分自身に置き換えて周りに対してそういった態度をとっていないか、その人と同じようなことをしていないかってことを自問して、自分自身をよくしていくことしかできないのかなと。

(おそらく普通の人には)人を変えることはできないってよく言いますしね。

人の振り見て我が振り直せ。とはよく言ったものですね。

その人の場合、見習ういいところが見当たらなくて逆に申し訳ないですが、我が振り直させていただきます。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ