【WPF】パソコンにインストールされてるソフトをチェックしてみる

2018年9月7日C#, 開発

おはようございます。

業務アプリなんかでは、
データベースなど本体の他にアプリケーションの動作に必要なものがあったりします。

そういったものがインストールされているかどうか、プログラムでチェックする処理を書いてみました。

プログラムは一応前回のものを流用します。

スポンサーリンク

クラスの追加

アプリケーション情報クラス

クラスの追加
クラスの追加

ソリューション・エクスプローラーからプロジェクトを右クリックし、「追加」>「クラス」を選択します。

名前を入力して「追加」ボタンをクリックします。

名前を入力
名前を入力

プログラムは次のようにします。

UninstallApp.cs

 

レジストリチェッククラス

先程と同様、ソリューション・エクスプローラーからクラスを追加します。

名前の入力
名前の入力

RegistryUtil.cs

プログラムの修正

起動時にチェックするように修正

 

起動してみる

アラートメッセージ
アラートメッセージ

起動時にチェックが実施され、アラートメッセージが表示されました。

まとめ

レジストリを参照するので、他にもいろいろと応用がききそうですね。

また、必要なアプリがインストールされていない場合に、
インストーラーを起動するなんてこともできるかもしれませんね。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ