手乗りドローンでSNS映え写真を撮ろう「AEE AirSelfie」

2018年9月12日ガジェット, ドローン

おはようございます。

未だドローンは手に入れていないのですが、
ドローン芸人がテレビに出てきたり、ドローンで綺麗な映像を撮影する番組があったりと、
見ていると本当に楽しそうですよね。

いつか実際にやってみたいなーと思ってはいますが、
知り合いでも持っている人はいないし、なかなかチャンスがありません。

そんな事を考えながらネットを徘徊していたところ、これはいいなーってのを見かけたので紹介させていただきます。

AEE AirSelfie

製品イメージ
製品イメージ

ソフトバンクC&Sから販売されている小型ドローン。
ポケットに入る超小型自撮りドローンで日本語の説明書、国内サポートありとなっています。

公式サイトより転載

「AirSelfie」は、わずか61gの超軽量を実現した小型ドローンです。航空法が飛行を規制する、重量200g以上の「無人航空機」に該当せず、屋外での飛行の際も申請が必要ありません※。最長面が97mmというコンパクトサイズでポケットに入れて持ち運びができます。また、「AirSelfie」は1回の充電で連続約3分間の飛行が可能で、同梱の「PowerBank Case」に入れて充電することで最大1時間分の飛行が可能です。

※一部の地域を除きます。実際に飛行させる場所・地域のルールを遵守するとともに、第三者の安全とプライバシーに配慮した操作を心掛けていただく必要があります。

実際にドローンを飛ばそうと思っても、日本国内ではドローン規制が入っているため然るべきところに申請をする必要があるのですが、AriSelfieは規制対象には該当しないようで、申請も必要がないとのこと。(一部地域を除く)

それであれば安心?して屋外でもドローンを楽しめそうです。
ただし、やはりリスクはあるので、建物のそばや人が多い場所なんかではやめておいた方がいいでしょうけど。

スポンサーリンク

特長

手のひらから離陸
手のひらから離陸
  • わずか61gの超軽量な小型ドローン
  • 500万画素の静止画と1,080pの動画を撮影可能なカメラを搭載
  • 同梱のPowerBank Caseと合わせて最大1時間の飛行が可能

利用方法

専用のアプリをiOS、またはAndroid端末にインストールし、スマホやタブレットから操作することができます。
機体を上空に放り投げるとホバリングを開始し、ホバリング後はアプリより画面操作で静止画、動画を撮影することができます。

簡単ですね。

まとめ

ケースに入れるとスマホみたいな見た目になる
ケースに入れるとスマホみたいな見た目になる

まあちょっとまだ現実的ではないですが、
このくらいのサイズのドローンであればポケットからすっと出して
シュッと飛ばしてパシャっと自撮りするなんてこともできるかもしれません。

そんなことが出来れば今までとはまたひと味違った写真が取れて面白いですよね。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ