バーミキュラ炊飯器の一人暮らし用サイズが発売されるぞ

ガジェット

おはようございます。

私も一人暮らしでご飯を炊いて自炊しているのですが、
バーミキュラ、気にはなっているものの値段も高いしなかなか手が出せないものでした。

ネットやテレビでも話題で、
とても美味しい白米を炊くことができるとのこと。

毎日白米を食している日本人としては、是非ためしてみたいものです。

そんな憧れのバーミキュラですが、この度(3/16)に一人暮らし用の小さめサイズを発売するそうです。

といっても値段はやっぱりお高めですが。。

バーミキュラ ライスポットミニ

製品イメージ
製品イメージ

 

 

 

 

 

 

 

公式より転載

「炊飯器を超えたのは、炊飯鍋でした。」
目指したのは、世界一、おいしいご飯が炊ける炊飯器。バーミキュラ ライスポットです。

既存のライスポットの機能を削ることなく、ただ、そのままサイズだけが小さくなりました。

値段も少しだけ安くなっています。
元々のサイズは5合炊きですが、ライスポットミニは3合炊きとなります。

スポンサーリンク

特長

※枠内は公式より転載

コンパクト

サイズ
サイズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍋部分の直径は、23cmから19cm、容量は、3.7Lから2.1Lへ。
実際に目にすると、数字の差以上に小さく感じます。

私が今使用しているのは5合炊きの炊飯器なのですが、そもそもバーミキュラの5合炊きよりはサイズが大きいです。安物なので。。

置き場所に困らない

置き場所に困らない
置き場所に困らない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯は、最大で3合炊き。
一人暮らしや、お二人だけのご家庭でも、無駄なく、必要な分だけのお料理がつくれます。
キッチンやカウンター、テーブルでも、もう、置き場所に悩むことだってありません。

やっぱり置き場所には困ります。困っています。
広い家で、炊飯器置き場があるカウンターなどを使っているならまだしも
1LDKくらいだと置き場所がないことの方が多いですよね。

仕方ないので、棚にしまって使う時だけ出しています。まあこれは慣れてしまえばなんてことないのですけど。

鍋のサイズは小さく。料理の可能性は大きく。

ライスポット ミニは、機能を一切削ることなくサイズだけを小さくしたことで、より扱いやすくなり、料理の可能性がグッと広がりました。ミニでもできる、ミニだからこそできる、そんな料理の数々をお楽しみください。

バーミキュラでは炊飯の他にも無水調理や、魚料理、更にはパンまでも作れてしまいます。
(バーミキュラだけではないでしょうけど)

小さいからオーブンでも使えてしまうようです。
これは料理の幅も広がりそうですね。

選べるカラー

選べるカラー
選べるカラー

 

 

 

 

 

 

食のシーンを彩る3つのカラーで、幅広いライフスタイルを演出します。

まとめ

これからあとどのくらい白米にお世話になるかわかりませんが、
やっぱり美味しい白米が食べたいです。

炊き方なんかでも工夫すれば美味しいご飯が炊けるのですが、
こういった製品を使って簡単に美味しいお米が食べれるのであれば試してみたいものですね。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ