スマホ対応で水拭きもできるロボット掃除機「DEEBOT M88」

2018年9月12日ガジェット

おはようございます。

皆さん水拭きってこまめにやってますか?
私はクイックルワイパー+ウェットシートが基本で、たまーに雑巾で水拭きするくらいです。

乾拭きでほこりなどのゴミが取れて綺麗になったように見せかけて
実は目に見えない汚れが残ってしまうものなんですよね。

ただ、掃除機や乾拭きをした後に更に水拭きをするとなるとちょっと億劫なのも事実。

そんな時はやっぱりロボットに任せてしまいましょう。

DEEBOT M88

製品イメージ
製品イメージ

公式より転載

床用ロボット掃除機DEEBOTは、人の代わりに床を自動で清掃する家庭用ロボット掃除機です。DEEBOT M88には水拭きも行えるモップシステムが搭載されているので、掃き掃除から水拭きまで1台でお掃除が行えます。Wi-Fiでスマホと連動させることもでき、スマホから清掃モードの設定やタイマーの設定、吸引力の変更まで行えます。

今ではそこまで珍しい感じではないですが、
掃き掃除と水拭きを自動で行ってくれるタイプのロボット掃除機です。

忙しい方必見ですね。

スポンサーリンク

特長

※枠内は公式より転載

高度な掃除経路テクノロジー

掃除経路テクノロジー
掃除経路テクノロジー

フローリングとカーペットで使い分けてお掃除できる2 種類の清掃経路テクノロジーを搭載しています。 フローリングなどの硬く平らな床面でご使用いただくSMART MOVE は、効率的なコースでお部屋全体を往復しながら、規則正しくお掃除します。 カーペットなどのやわらかい床面でご使用いただくSMART MOTION は、角度を変えながら汚れの残らないように何度もお掃除します。

もちろんカーペットなんかも対応しているので安心です。

掃き掃除から水拭きまで行う5段階のお掃除

5段階
5段階のクリーニングシステム

DM88は、5段階のクリーニングシステムを搭載しています。サイドブラシで隅や壁際のごみをかき取り、メインブラシで集めたごみをダストボックスへかき込み、吸引モーターで吸い込み、後部のモップシステムで水拭きと乾拭きまで行います。

水拭きの後にすぐ乾拭きも行ってくれるので、
床にこびり付いてしまった汚れなんかも綺麗にしてくれそうですね。

スマホで外からでもロボットを操作

スマホにインストールしたECOVACS アプリと本体をWi-Fi でつなげば、スマホでロボット掃除機を操作することができます。前進や回転などの方向制御や、清掃モードの変更、タイマー設定などを簡単に行うことができます。Wi-Fi につなぐことで外出先でも操作できるので、帰宅する前にお掃除を行わせることもできます。

外出中であっても、スマートフォンで掃除の操作ができるのがロボット掃除機のいいところですね。
帰ったら部屋がきれいになってるなんて憧れます。

ECOVACSアプリ対応機器

・スマートフォン:iOS9未満、Android4.2未満、Windows、タブレットには対応しておりません。
・Wi-Fiルーター:対応規格「11b」「11g」「11n(2.4GHzのみ)」。特殊な設定(暗号化なしやフィルター等)をされたWi-Fiルーターでは使用できません。

2 パターン吸引力

DM88 には2 パターンの吸引力を変更できる機能が搭載されています。 標準の吸引力では静音性の高いお掃除を行い、吸引力を強くすると、さらに強力なお掃除が可能になります。

衝突防止機能

高精度な衝突防止センサーを備えており、壁や家具への衝突を最小限に抑えながらお掃除を行います。通り道にある障害物を検出すると避けながら清掃を行い、お部屋の隅も減速しながら清掃します。

切り替え可能な吸引方式 – ペットのいるご家庭に最適

床に合わせて変更することのできる2 種類の吸引方式が搭載されています。カーペットなど、強力にお掃除したい場合にはメインブラシ有り、髪の毛などが多い場合にはメインブラシ無しがおすすめです。

多彩な掃除モード

掃除モード
掃除モード

DM88には、基本のオート清掃、狭い部屋を掃除するシングルルーム清掃、部分的に掃除するスポット清掃、お部屋の隅を掃除する壁際清掃から選んで清掃を行えます。オート清掃とシングルルーム清掃は2種類の清掃経路テクノロジーで使い分けることができます。

自動充電

自動充電
自動充電

充電の手間は必要ありません。バッテリーの残量が少なくなると、自動的に充電台に戻ります。

段差安全技術

落下防止センサー
落下防止センサー

高精度な落下防止センサーを搭載しているので階段など、段差がある場所でもお掃除をします。DM88が段差を検出すると、後戻りをして新しい掃除経路を選択します。

タイマー機能搭載

決まった時間に清掃を行うタイマー機能を搭載しているので、自宅にいない間でも自動でお掃除を行うことができます。スマホに連動させることで、お掃除させたい曜日まで選択することができます。

便利なリモコン搭載

リモコンを搭載しているので、離れたところから手軽に操作を行うことができます。

個人的にリモコンが増えるのはちょっと困りますが。。
どちらかというとスマートスピーカーに対応してくれると嬉しいですね。

まとめ

ふと思ったんですが、
部活前、体育館の雑巾がけをするのが大嫌いだったんですけど、今後は自動化されるようになるんですかね。
(もちろん家庭用じゃ補えませんが)

学生の頃は、それもトレーニングになるので自分たちでやった方がいいかと思いますが、
社会人になってから体育館を借りて運動をするときなんかは、そういうサービスがあると嬉しいですね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年9月12日ガジェットDEEBOT, ロボット掃除機, 水拭き

Posted by doradora