【Python】Pandas で取得した Ticker を使ってチャートを描画する

Python, 開発

おはようございます。

前回に引き続き、Ticker 情報を利用してあれこれ試していきたいと思います。
今回は、matplotlib を使ってチャートを描画してみます。

プログラムは前回のものを流用します。

パッケージ追加

matplotlib のパッケージをインストールします。

Default Settings の選択
Default Settings の選択

上部メニューの「File」>「Default Settings」を選択します。

Default Settings 画面
Default Settings 画面

Default Setting画面が表示されるので、右上の対象プロジェクト環境を今回作成した環境に変更し、右側にある「+」ボタンをクリックします。

パッケージ検索画面
パッケージ検索画面

パッケージ検索画面で、「matplotlib」と検索します。
一覧に表示された「matplotlib」を選択して「Install Package」ボタンをクリックします。

スポンサーリンク

プログラムの修正

インポート宣言の追加

BfTool.py

データ取得処理の追加

BfTool.py

 

起動してみる

起動して「取得」ボタンをクリックすると「matplotlib」のビューアが立ち上がり、チャートが表示されます。

チャート
チャート

よく見てみると、Y、X軸のラベルが文字化けしてしまっています。
「matplotlib」にはデフォルトで日本語が表示できるフォントがないようなので、
別途フォントをインストールして文字化け解消してみます。

プロットの文字化け解消

フォントのダウンロード

次のURLからフォントファイルをダウンロードします。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

ダウンロードサイト
ダウンロードサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「IPAexフォント Ver.xxxx」をクリックします。

フォントダウンロード
フォントダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IPAex ゴシックのリンクをクリックしてダウンロードします。

フォントファイルの配置

ダウンロードした「ipaexg.ttf」を次のディレクトリにコピーします。

ディレクトリ:
[プロジェクトホーム]\venv\Lib\site-packages\matplotlib\mpl-data\fonts\fonts\ttf\

フォルダにコピー
フォルダにコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リソースファイルの修正

次のファイルを、ユーザー設定のディレクトリにコピー

ファイル:
[プロジェクトホーム]\venv\Lib\site-packages\matplotlib\mpl-data\matplotlibrc

格納先:
C:\Users\[user_name]\.matplotlib\

コピーしたファイルに次の記述を追加

matplotlibrc

 

再度起動してみる

文字化け対応後
文字化け対応後

無事に文字化けが解消されました。

本家のチャート
本家のチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

該当する時間の本家のチャートを見ると、なんとなく合ってそうですね。笑

まとめ

とりあえずは matplotlib 付属の画面に表示しましたが、そのうちブラウザで表示できるようにしたいですね。

とりあえず次回は別のチャートもやってみようと思います。

ではでは。

 

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ