声を合成してスマホに自分の声をしゃべらせる「coestation(コエステーション)」

iOS, アプリ

おはようございます。

ここ数日、福田事務次官のセクハラ問題で世間(というかマスコミ)が賑わっていますね。
この問題については、色々(マスコミのハニートラップじゃないかとか)と言われていることもありますけども、私個人の感想としては男ってバカだなぁということに尽きます。

決め手となったのは音声データで、
無断で録音していたことの是非も問われていますが、そんな音声に関わる新しいアプリが開始されたようなので調べてみました。

coestation(コエステーション)

サービストップイメージ
サービストップイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

公式サイトより転載

あなたのコエがしゃべり出す。

コエステーションは、
人間の声を人工的につくれる音声合成技術を使ったサービスです。
Text to speech・文字から音声のコミュニケーションへ。
デジタルだけどアナログなコミュニケーションを。

あなたの声をデータ化することで、音声合成による新たな時代が始まります。

外国の方は、LINEなんかの文字入力にも音声入力をしている方が多いですが、
日本人にはちょっと合わないですよね。(恥ずかしいから)

それと逆で、音声を文字入力で送れるのがコエステーションです。
面白いですね。

ただ、福田事務次官も言っていたように、自分の声ってのは普段自分の体を通して聴いているので、実際に録音したものなどを聞くと変な感じですよね。

スポンサーリンク

特長&機能

音声合成技術を使ったコエステーション

コエステーションは、スマートフォンアプリを使って指定の文章をいくつか読み上げることで、
自分の声の分身である「コエ」を生成し、
テキストを入力するだけでその「コエ」でしゃべらせることができるサービスです。
音声合成技術を使ったコエステーションであなたの「コエ」を作って、もっと簡単に、もっと身近に、あなたの「コエ」をさまざまなシーンで活用してみましょう!

「コエ」をつくる。

コエを作る
コエを作る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指定の文章を読んで、あなたの声を録音することで、誰でも簡単に自分の「コエ」を作ることができます。

「コエ」で読み上げる。

コエで読み上げる
コエで読み上げる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのコエができたら、好きな文章をしゃべらせてみましょう。
年齢や明るさなど、あなたのコエを自由に変えたり、シェアすることもできます。

「コエ」を育てる。

コエを育てる
コエを育てる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指定の文章を読めば読むほど、あなたにより近い「コエ」を作ることができます。
声のレベルは5段階まで進化します。
※コエの似る度合いは個人差があります。

「コエ」であそぶ

コエで遊ぶ
コエで遊ぶ

 

 

 

 

 

 

あなたの「コエ」ができたら、さまざまなサービスで遊んでみましょう。
きっとあなたに新しい体験をもたらします。
※これらのサービスはスマートフォンアプリよりご利用いただけます。

まとめ

とりあえず iOS(iPhone)のみの対応となります。

公式サイトにてサンプルの音声データを聞けるのですが、ほとんど同じコエでした。すごい。

ちょっと心配なのはやっぱり悪用されないかどうかってところですね。
例えば録音した音声データから簡単にコエを作れてしまうと、詐欺なんかに使えてしまいますよね。

あ、お母さん、おれおれ!ってやつ。

そこら辺の対策がしっかりされるといいですね。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ