「ecbo cloak(エクボクローク)」があればもう焦ってコインロッカーを探さなくて済む

2018年10月12日サービス

おはようございます。

以前、自宅などの空きスペースを物置としてシェアできる「monooQ」というサービスを紹介しましたが、
また少し違うサービスがありましたので調べてみました。

スポンサーリンク

ecbo cloak(エクボクローク)

サービストップ
サービストップ

公式サイトより転載

「ecbo cloak」は「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービスです。コインロッカーの代わりに、オンライン上で預け場所の事前予約ができ、様々な業態の店舗の空きスペースに荷物を預けることができます。

現在、カフェ・ゲストハウス・コワーキングスペース・シェアオフィス・カラオケ店・漫画喫茶・着物レンタル店・神社・東京駅構内などで荷物預かりを行っています。コインロッカーに入らない大型の荷物も、「ecbo cloak」でなら預かり可能です。

MonooQとの違いは、
あくまで一時的に預けるという点です。

まあ、東京都内の割と栄えている駅にはこれでもかってくらいロッカーがあるのですが、
それでも休日なんかには結構埋まってしまっていて、いざという時に預けられなくて困るってことがあるんでしょうかね。

私はあまりロッカーを利用したことないのでちょっとわからないのですが、
そういった場合でも ecbo cloak で予め預けられる場所を予約しておくと安心ですね。

特長

画面イメージ
画面イメージ

※枠内は公式サイトより転載

スマホから予約できる

旅行の前に、または旅行当日でも予約が可能。登録時のクレジットカードで予約時に楽々決済。

事前に予約できるので、当日焦る必要がないのは便利です。
また、決済もクレジットで出来るので、ロッカーのようにその場で小銭(や千円札)を探さなくていいですね。

コインロッカー代わり

「大きい荷物が入らない」「空いていない」「どこにあるかわからない」コインロッカーにまつわる悩みを解決します。

大型のロッカーもある場所はありますが、大体埋まってますよね。
それに大型ロッカーに入らない荷物でも、ecbo cloak であれば預けることができるかもしれません。

手ぶらで観光

旅に荷物はつきもの。ecbo cloakで荷物を預ければ身軽に手ぶら観光ができます。

特に東京周辺であれば、電車もアホみたいに込み合うので、大きな荷物を持っていると舌打ちされる可能性があります。笑

たまに外国(特にアジア圏)の旅行者が団体で、キャリーケースと共に電車内を占領している時がありますが、あれはちょっと勘弁してくれって思ったりしますよね。

まあ団体になってしまうと預かってくれるところもなかなかないかもしれませんが。

預け場所を提供する

駅近でお店などを経営している方は、預け場所を提供することによって遊んでるスペースを無駄にしなくて済んだり、ちょっとした副収入になったりします。

また、預けにくるお客さんがついでにお店を利用してくれたりと、新たな営業チャンスにつながる可能性もあります。

預かった荷物の盗難などの緊急時にも、しっかり保険が適用されるので安心です。

まとめ

普段からよくコインロッカーを使う方は
こういったサービスもあるので覚えておくといざという時に役立つかもしれません。

気になった方は是非チェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ