広告

ジャンプに載るのも夢じゃない?ユーザー投稿型WEBマンガアプリ「ジャンプルーキー!」

Android, iOS, アプリ

おはようございます。

連日の雨で気が滅入ってしまいますね。
気温も3月並みに寒く、まだ本調子じゃないのにも関わらず風邪がぶり返しそうです。

まったくどうなってんのやら。

話しは本題に入りますが、
私は昔から少年誌を購読してますし、WEBマンガも、有名なところはコミックになる前に読んでたりするのですが、少年ジャンプから新しい試みのアプリが配信開始されていましたので調べてみました。

ジャンプルーキー!

アプリイメージ
アプリイメージ

WEBから誰でも、どんなジャンルの漫画でも投稿して連載できるアプリ。

公式より転載

ジャンプルーキー!は、新時代の才能溢れる投稿作が読み放題の、ジャンプでデビューできるマンガ投稿サービスです。投稿された作品は、ジャンプルーキー!アプリのほかにも、ジャンプ+アプリや、パソコンなどから誰でも読むことができます。また、面白いと思った作品には「いいジャン!」を付けて応援したり、「お気に入り」に追加して更新をチェックしたりすることができます。

作品を投稿するには、パソコンからトップページ右上にある「アカウント作成」ボタンを押して、最初にアカウントを作成してください。アカウントは、メールアドレスを入力するだけで、誰でも無料で簡単に作成できます。
アカウントを作成したら、自分のマンガ作品をぜひ投稿してください。

スポンサーリンク

特長

広告収入は100%還元

漫画投稿者は、任意で AdMob の広告を設置することができ、発生した広告収入については100%投稿者に還元されます。
広告の設定をしなかった場合の広告収益は、アプリの運営やサーバーの維持費なんかに充てられるそうなので、広告収入を得たい方は、投稿時に忘れずに設定しましょう。

ジャンル自由

ジャンルは完全に自由ですが、
わいせつな表現や、過度な暴力表現、差別的な表現などを含むマンガの投稿は禁止となっています。

あくまで少年ジャンプに載せられるレベルで考えればいいかもしれませんね。

また、日本国内の読者向けサービスのため、作品内の言語は日本語に限るようです。
(海外からの投稿自体は問題ありません)

誰でも連載可能

アカウントさえ作ってしまえば、どなたでも漫画を投稿することができます。

逆を言うと、こんなレベルじゃ見るに堪えないってものもあるので、
読者側がお気に入りを見つけるのが大変だという声もあるようですね。

その辺は、もう少し運営してみてから改善されるところもあるかもしれません。

スマホで読みやすい

スマホの漫画アプリでは最早主流となった?縦読みで表示されます。
(横読みの作品も、スマホでは強制的に縦読みになります)

少年ジャンプに掲載されるかも

まあ、最近では、WEBマンガが書籍化されることも多く、
そこまで不思議ではないかもしれませんが、漫画の書き手からするとモチベーションになるんでしょうね。

まとめ

とりあえずアプリをインストールしてみました。
あーでも、漫画って時間奪われるんですよねぇ。。困ったな。

暫くすると、面白い漫画がフィルタリングされてくると思うので
それからでもいいかな。笑

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ