アコーディオンのように広がるノート。そのまんま「 accordion note(アコーディオンノート)」

2018年9月13日ガジェット

おはようございます。

最近はすっかりノートだとか、文具とは距離ができてしまったのですが、
なかなか面白いものがあるんですね。

アイデア自体は、
誰でも思いつくようなものだと思うのですが、
実際に商品化してヒットするってすごいことなんだなーって、なんとなく思いました。

スポンサーリンク

accordion note(アコーディオンノート)

製品イメージ
製品イメージ

Amazonページ

公式より転載

様々な記録を俯瞰(ふかん)できる、じゃばら状に開くノートです。
時間の流れや思考のプロセス全体を見渡せる記録帳としてお使いいただけます。

例えば、こんな記録に…
旅の思い出や日記に、広げて見れば時間の経過がひと目でわかります。
アイディア帳にすれば、思考の過程も見返すことができます。
プロジェクト専用のノートやレシピ帳、育児日記などなど時間の流れや全体を見渡したい記録におススメです。

今までに無かった形で、使い方は使う人次第!
個人的には、旅行なんかの思い出を1面にちりばめたり、送別時に思い出の写真や寄せ書きなんかをしてプレゼントなんていいんじゃないかと思います。

特長&お勧めの使い方

※枠内は公式より転載

時間の流れをひと目で

思い出の記録
思い出の記録

旅の思い出やイベントの記録、育児日記や観察日記など、時間の経過がひと目でわかります。

記録帳をつくる際にも、ノートを広げて使うと便利です。レイアウトやページの構成を考えるときに広げて使うことで、全体のバランスを確かめながら記録帳をつくり込んでいくことができます。

最近は写真なんかもスマホで便利に撮れてしまって、
すっかりデジタルな世界になってしまいましたが、あえて写真もプリントアウトして思い出の一冊なんか作るのもいいですよね。

思考を止めずに記録できる

プロジェクト資料にも
プロジェクト資料にも

プロジェクト専用ノートやアイディア帳として使えば、思考の過程をひと目で見返すことができます。また、記録していく際も、ノートの大きさの制限やページをめくることによって書く行為を遮られることがないので、思考を止めずに記録し続けることができます。

あえて手書きのWBSを作ってみたり。笑
マインドマップなんかも相性がよさそうです。

厚く硬い紙とゴムバンドのついたカバー

カバー付き
カバー付き

ノートを持ち運ぶことを考えて、表紙は厚く堅い紙を使い、鞄の中で開いてしまわないようにゴムバンドをつけました。ゴムバンドは、なるべく平らになるように取り付けフラットな仕上がりになっています。

普通のノートみたいに、ただ開いてしまったじゃ済まされないですからね。
バンド大事。

選べるサイズ

選べるサイズ
選べるサイズ

A5、A4サイズからお選びいただけます。

A5判は、女性のちいさなバッグにも収まる持ち運びに便利な大きさです。カバーのサイズがA5(14.8×21㎝)、ノートは1枚が14.4×20.4㎝で48枚がじゃばら状につながっています。ノートは無地、カバーは4色と1柄の5種類をラインナップしています。

思い出なんかをまとめるなら大きいサイズでも良さそうです。

まとめ

社会人になって、しかもパソコンを使う仕事なので
文房具に触れる機会がめっきり減ってしまいましたが、文房具もしっかり進化を遂げてるようですね。

そこまで新しい製品ではないですが、個人的に気に入ったので記事にしてみましたが、
気になった方は是非チェックしてみてください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ