31言語も対応している翻訳アプリ「VoiceTra(ボイストラ)」があれば世界中の人と会話できるじゃないか

Android, iOS, アプリ

おはようございます。

2020年東京オリンピックを目前に控え、
私の職場のまわりにも外国人が多くなることを想定してか、ホテルがバンバン建ち始めています。

実際に旅行者は増えるだろうし、
そこかしこの居酒屋なんかで外国の方と接する機会も増えるんでしょうね。

特に接客が必要な方々は結構大変な感じになるんじゃないかと思います。

そんな時に便利なアプリが話題となってましたので調べてみました。

スポンサーリンク

VoiceTra(ボイストラ)

サービスイメージ
サービスイメージ

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)という総務省所管の国立研究開発法人が開発した多言語翻訳アプリ。

iOS、Androidのスマートフォンに対応しています。

公式サイトより抜粋して転載

話しかけると外国語に翻訳してくれる音声翻訳アプリです。
翻訳できる言語は31言語で、ダウンロード、ご利用もすべて無料です。

個人の旅行者の試用を想定して作られた研究用アプリであり、研究目的のサーバーを使用しております。

とにかく、31言語ってのがすごいですね。
それだけ対応していれば世界中の人と話せてしまいそうな気もします。笑

特長

話しかけるだけで翻訳

画面イメージ
画面イメージ

アプリを起動して、翻訳の方向を決めたらマイクボタンを押して話しかけるだけで翻訳してくれます。
(インターネットに接続されている必要があります)

使い方が分かりやすい

UIもシンプルで、ガイドも表示されるため誰でも簡単に利用することができます。
表示される文字のサイズなんかも切り替えることができるので、視力が悪くても問題なく結果を読むことができそうです。

翻訳結果の検証ができる

翻訳結果の検証
翻訳結果の検証

翻訳した結果の外国語を、再度母国語に翻訳することで翻訳結果が正しいかどうかを検証することができます。
日本語での日常会話では、主語がなくても伝わってしまうので翻訳する際には意識してちゃんとした文法で話す必要がありそうですね。

???
???

最早私には理解できない言語のサンプルがありました。笑
知っている方がいたら教えてください。

キーボード入力もできる

話しかけて翻訳する以外に、直接テキストを入力して翻訳することも可能です。
騒がしい場所だったり、話した言葉がうまく認識されない場合でもテキスト入力ができるので確実に翻訳することができますね。

まとめ

基本的には、個人の旅行者向けに開発されたアプリなので、
それ以外の目的で利用する場合にうまく翻訳できないなどのケースがあるようですが、
今はAIなんかの技術も発展してきているので、データが蓄積されることによってどんなシーンでも利用できる可能性を秘めていますね。

私は普段あまり外国の方と接する機会がないのですが、
普段からそういった機会がある方や、飲食店なんかで働いている方はインストールしておくといざという時に役に立つかもしれませんね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

VoiceTra
VoiceTra
Developer: NICT
Price: Free
VoiceTra(Voice Translator)
VoiceTra(Voice Translator)
Developer: NICT
Price: Free

スポンサーリンク


関連するコンテンツ