ドキュメント変換ツール「Pandoc」をインストールして Markdown 形式のファイルを Word 形式に変換してみた

小ネタ

おはようございます。

ちょっとマークダウン形式のファイルを Word に変換する必要があって、
調べてみたらコマンドで出来る方法がありましたのでやってみました。

他にも、VS Code で変換する方法もあるようなので、
それについては別途、そのうちやってみようかと思います。

スポンサーリンク

Pandocとは

Pandocは、あるマークアップ形式から別のマークアップ形式に
ファイルを変換するできる十徳ナイフのようなツールです。

主に次の形式に対応しています。

変換前

  • Markdown
  • reStructuredText
  • textile
  • HTML
  • DocBook
  • LaTeX
  • MediaWikiマークアップ
  • TWikiマークアップ
  • TikiWikiマークアップ
  • Creole 1.0
  • Vimwikiマークアップ
  • OPML
  • Emacs Org-Mode
  • Emacs Muse
  • txt2tags
  • Microsoft Word docx
  • LibreOffice ODT
  • EPUBまたはHaddockのマークアップ

変換後

  • HTML formats
  • Word processor formats
  • Ebooks
  • Documentation formats
  • Archival formats
  • Page layout formats
  • Outline formats
  • TeX formats
  • PDF
  • Lightweight markup formats

ダウンロード

公式サイト

公式サイト
公式サイト

今回は Windows 版を利用するので、Windowsセクションの download page リンクをクリックします。

ダウンロードページ
ダウンロードページ

ダウンロードページが表示されるので、pandoc-2.3.1-windows-x86_64.msi をクリックしてダウンロードします。

インストール

ダウンロードしたインストーラーを実行します。

セットアップウィザード
セットアップウィザード

セットアップウィザードが表示されるので、
ライセンスに同意チェックボックスにチェックをして「Install」ボタンをクリックします。

インストール中
インストール中

インストール中。少しお待ちください。

インストール完了画面
インストール完了画面

完了画面が表示されるので、「Finish」ボタンをクリックしてください。

以上でインストールは完了です。
インストール時に環境変数にパスを通してくれるので、そのままコマンドプロンプト等で実行できます。

変換してみる

コマンドについては次のページを参考にしてください。
ユーザガイド

今回は、マークダウン形式(.md)のファイルを Word形式に変換します。

以前書いた記事の下書き的なものをサンプルにしました。

変換前(マークダウン形式)

 

コマンド実行

コマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。

変換後(Word形式)

変換後ファイル
変換後ファイル

無事に変換することができました。

Wordに変換できれば、
マークダウンが浸透していない職場で使うマニュアルなんかに落とし込めますね。

まとめ

ドキュメントも日本語訳されているものがあったのでとても助かりました。

今回は Word形式への変換でしたが、他にも色々な形式に変換できるので
そのうち時間があればバッチを作ってもいいかなと思いました。

あまり需要はないかもしれませんが、何かのお役に立てれば。

ではでは。