pngquant を使って画像(PNG)を一括圧縮するバッチを作ってみた

Windows DOS, ソフトウェア, ブログ運営, 開発

おはようございます。

先日、JPEG形式の画像ファイルを圧縮してみたので、
今回はPNGの圧縮をコマンドから実行できる「pngquant」というソフトを試してみたいと思います。

JPEGの圧縮についてはこちら。

スポンサーリンク

ダウンロード

次のサイトにアクセスします。

ダウンロードサイト

ダウンロードサイト
ダウンロードサイト

「Binary for Windows」をクリックしてファイルをダウンロードします。

インストール

ダウンロードした圧縮ファイルを展開し、任意の場所に格納します。
今回は「D:\Software\pngquant」としました。

環境変数の設定

exeが存在するディレクトリ以外でも実行できるように環境変数にパスを追加します。

[ Win ] + [ Break ] 、またはエクスプローラーなどで、PCのプロパティを開きます。

システムのプロパティ
システムのプロパティ

「システムの詳細設定」メニューを選択します。

詳細設定
詳細設定

「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンをクリックします。

環境変数
環境変数

「システム環境変数」の「Path」を選択して「編集」ボタンをクリックします。

環境変数の追加
環境変数の追加

「新規」ボタンをクリック、表示された入力画面で、先ほど pngquant を格納したディレクトリを設定、「OK」ボタンをクリックします。

確認

コマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。

バージョン確認
バージョン確認

上記のように表示されれば、インストール完了です。

圧縮バッチ

次のプログラムをテキストエディタ等に貼り付け、「~.bat」など名前を付けて保存します。

まとめ

先日作ったバッチを修正して、拡張しを判定して処理をわけたりもできそうですね。

最近の記事からは画像をアップする前にリサイズや圧縮を行ってからやるようにしていて、
その効果もそのうち出てきてくれるといいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ