バタフライボードに大型新人が登場!「バタフライボード ProA3」

ガジェット

おはようございます。

バタフライボードについては今年3回目の記事になりますが、
また新たにラインナップが増え、クラウドファンディングで支援の募集を開始したので紹介させていただきます。

以前の記事はこちら。

ホワイトボードを携帯して色んなシーンで使える「バタフライボード2」

携帯できるホワイトボード「バタフライボード」を進化させるカラージャケットが登場

バタフライボード ProA3

製品イメージ
製品イメージ

プロジェクトページより転載

「バタフライボードPro A3」は特許技術スナップ・バインディングと超軽量化テクノロジーにより、広くても持ち歩ける「携帯性」と、あらゆるシーンに対応する「柔軟性」を備えた、働き方が多様化するデジタル時代のホワイトボードです。

最高のアイデアに出会うには、専門性、多様性のある人との出会いの中から、共通の課題を可視化し、コミュニケーションによって生まれる『創造性』が必要になります。

ホワイトボードは消せる安心感で、”かく” ハードル が下がり、あらゆる人々の思考を共通言語に変換する、優れたコミュニケーションツール。

しかし、コミュニケーションはあらゆる場所で生まれるにも関わらず、ホワイトボードは限られた場所にしかありません。

バタフライボードは、これらの課題を解決するために、2015年から日本と米国で4回のクラウドファンディングを実施。世界39か国の方からのフィードバックを反映させ、バタフライボードを高速で進化させてきました。そして2018年、より多くのシーンで使える「バタフライボード Pro A3 」が完成しました。

既に4回もクラウドファンディングを実施しているんですね。高速に進化しているというのも納得。
今回のクラウドファンディングで支援募集されるのは、今までより一回り大きい A3 サイズの製品となります。

特長

※枠内はプロジェクトページより転載

広げられる

広げた感じ
広げた感じ

引っ張るだけでボードの着脱ができ、隙間なしに繋げられるので、人の数やテーブルに大きさに合わせて使えます。

立てられる

立てた感じ
立てた感じ

ボード本体のみで立てられるのに加え、付属のインスタントイーゼルを使えば、2枚のボードを繋げ大きく立てて使えます。

壁に貼れる

壁に貼った感じ
壁に貼った感じ

端面に取付けられた強力なマグネットにより、金属性の壁やホワイトボードに貼ることができ、巨大な付箋のように使えるので大人数でも見やすくなります。

片手で持ってかける

片手で持った感じ
片手で持った感じ

軽量なのに驚くほど剛性が高いので、片手で持って立ったまま筆記ができ、テーブルやデスクのない場所でも使え、書いた内容を手軽に共有できます。

完全防水

防水の感じ
防水の感じ

水に濡れても変形しない完全防水仕様なので、汚れたら気軽に丸洗いでき、雨や結露などを気にせずアウトドアで使えます。

まとめ

大きくなって更に活用の場が広がりそうですね。

また、今までになかった「インスタントイーゼル」という、持ち運び時にはボードを保護し、組み立てればボードを立てかけられるアイテムも登場しています。

クラウドファンディング中は、
トートバッグが付いて割引もされるといったお得な支援コースもありますのでねらい目ですね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

バタフライボード2は Amazon でも購入できます。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ