日用品を自動で補充してくれる「Amazon Dash Replenishment(リプレニッシュメント)」

Amazon, サービス

おはようございます。

今年は9連休でいっぱい休めるなぁとか思っていたのですが、気付いたらもう折り返していてびっくりです。
あー2か月くらい休みが欲しい。

本題に戻りますか。

少し前ですがAmazonがまた新しいサービスを始めたみたいなので調べてみました。
(クラウドサービス自体は2016年末に提供開始していたみたいですね)

スポンサーリンク

Amazon Dash Replenishment(リプレニッシュメント)

サービスイメージ
サービスイメージ

公式ページより転載

日々使用される消費財の残量を自動で計測し、自動でAmazonに再注文してくれるスマートホームデバイスが新登場。
「必要な時になくて困った」「買い物に行く時間がない」という方にぴったり。新しいショッピングスタイルを是非お試しください。

Amazon Dash ボタンが、最早ボタンを押す必要もなくなった感じですね。

2019年1月時点で、対応している機器はウォーターサーバー、ペット見守りカメラ付き給餌器、GUM PLAY(スマート歯ブラシ)となっていますが、今後対応製品が増えていくかと思います。

また、汎用的に利用できるスマートマットも販売しているので、こちらを利用すれば日用品の重量を監視して自動で注文する仕組みを取り入れることができます。

特長

※枠内は公式より転載

簡単に設定できる

Dash Replenishment対応製品を購入後、設定方法に従ってアカウントをセットアップ

基本的には自分のアマゾンアカウントを対応製品に登録するだけでセットアップは完了するかと思います。
対応製品にもよるかと思いますが、スマホから設定できるのかもしれませんね。

自動計測

Dash Replenishment対応製品が消費財・消耗品の残量を自動計測します

ウォーターサーバーなどの対応製品であれば、機械自体に残量の計測器が組み込まれてる感じでしょうか。

自動再注文

残量が少なくなったら、自動で商品をAmazonに再注文します

対象製品の在庫が無い場合や、価格が変わった場合は事前にメールでお知らせしてくれるようなので、届くと思ってたら届かなかったということは防止できそうです。

迅速な配達

お使いの商品がなくなる前に商品が届くので、もう買い忘れを気にすることもありません

日用品、私の場合特にティッシュやトイレットペーパー、洗剤類などを自分でチェックして買い物に行きますが、つい忘れてしまうこともあったりします。

Dash Button も便利ではありますが、人が在庫をチェックしてボタンを押すといった行動が必要なので、その一手間さえ失くしてしまおうなんて怠惰ですよね。笑

まとめ

よくある定期便や、日本のウォーターサーバーの仕組みっていうのは、便利ではありますが消費できなくても勝手に届いてしまうのでどんどん溜まってしまったりといった問題点がありますよね。

私もネスカフェの定期便を使っていたのですが、消費が追い付かなくて現在ストップしています。

まだ対応している製品は少ないですが、今後盛り上がっていくといいですね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ