WEBで誰でも直感的にポートフォリオが作成できるサービス「RESUME(レジュメ)」

サービス

おはようございます。

金曜日は久しぶりの雨天でしたが、この土日はまた天気がよかったですね。
乾燥してしまうので雨が少ないのは気になりますが、休みの日に晴れてくれると洗濯物も良く乾くし嬉しいです。

話しは変わりますが、
私の会社では派遣業務も行っているので定期的に自分のスキルや経験をまとめた経歴書を更新する必要があるのですが、
私自身はしばらく出向等をしていなかったためずっと更新していませんでした。

ふと思い立って経歴書を更新したのですが、やっていたことを思い出すのに苦労しました。

生涯同じ会社で働くなら、会社で決まったものを作っておけばいいかもしれませんが、これからの時代はそういう流れでもないですよね。

ということで、自分のスキルや経験をまとめておくと後々いいことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

RESUME(レジュメ)

サービストップイメージ
サービストップイメージ

公式より転載

RESUMEは、誰でも直感的に使えるWebポートフォリオ作成サービスです。
制作物や仕事のストーリーを記録して、ポートフォリオを育てていきましょう。

ポートフォリオとは

日本で広く認識されているのは、
個人の作品集や経歴なんかをまとめた資料のことを指すのではないでしょうか。

主にフリーのデザイナーやアーティストの経歴書で、就職や転職時に利用することが多いようです。

RESUME(レジュメ)は、
そんなポートフォリオを全ての人が簡単に作成できるようになっています。

特長

※枠内は公式より転載

シンプルで分かりやすいUI

スキル登録
スキル登録

スキルの登録や経歴の追加など、シンプルで洗練されたUIなので登録していてなんだか楽しいです。

個人的に世に出した制作物がないので、残念ながら今のところ公開できるものが思いつかないのですがこれから埋めていけるように頑張ろうと思いました。

全ての作品、仕事を記録

全ての作品
全ての作品

プロジェクトを成功に導いたストーリー、社内で効率化を実現した方法、勉強会で使ったスライド、ボツになった企画書…、あなたがこれまでに生み出してきたあらゆるものをポートフォリオに残しましょう。

まあ色々とあるにはあるのですが、過去のことをまとめるのは結構大変かも。。

鍵付きページ

Workページには自由に鍵をかけることもできます。鍵付きのWorkには、合言葉を知っている人のみがアクセスできます。

会社に内緒で副業している方とかは、こういった機能を利用すれば安心できるかもしれませんね。

トピックを紐づけ

Workにトピックを指定すれば、どんなツールや技術を使ったのか一目で分かります。同じとトピックを持つWorkを探すこともできます。

何よりの履歴書に

堅苦しい紙の履歴書なんかより、経験や制作物をストックしたRESUMEの方が遥かにあなたの魅力を伝えてくれるはずです。

履歴書や職務経歴書は、基本的に紙で出力することが多いので情報量も制限されますし、見ていても面白いものではないですよね。(個人的な感想です)

それよりもWEBで詳細なストーリーなんかもまとめられている方がよく分かるし興味が出るのではないでしょうか。

まとめ

これからの時代はこういったもので就職や転職をしたり、仕事を受けたりというのが当たり前になっていきそうですね。

また、人のポートフォリオなんかも見れたりするので面白いですよ。

早速RESUMEの作者様もまとめていました。

ウェブポートフォリオ作成サービスRESUME

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ