カラダに必要な15種類の栄養素を手軽に検査できる「VitaNote(ビタノート)」で健康な身体を手に入れよう

その他, サービス

おはようございます。

最近、体調が悪いことが多く一層健康に気を使いたい気持ちが強くなってきたので、
自分に足りないビタミンなんかが調べられたらいいのになと調べてみたらありましたよ。

ということで紹介。

スポンサーリンク

VitaNote(ビタノート)

サービスイメージ
サービスイメージ

総合栄養サービスを手がける株式会社ユカシカドから 2017年にクラウドファンディングで目標達成し、同年5月より一般販売が開始されたパーソナル栄養検査キット。

公式より転載

VitaNoteは世界で初めて、栄養の過不足を測定可能にした検査サービスです。人それぞれ体格や遺伝、生活習慣などで異なる栄養吸収量に対して、パーソナライズされた摂取目標量を設定。
現在の食生活やサプリメントによる栄養状態を、15種類の栄養素ごとに評価します。自分の栄養状態を正しく知ることで、理想的な健康状態、身体能力の向上の実現を可能にします。

病院なんかでも調べられないことはなさそうですが、おそらくVitaNoteの方が、色々と分かりやすそうな感じがします。

特長

※枠内はプロジェクトページ及び公式より転載

栄養素レベルでの評価が分かる

検査結果
検査結果

栄養素ごとに評価をすることができるため、どのような食事やサプリメントなどを摂るべきなどの具体的な行動につなげることが可能です。

なんとなくビタミンが足りなそうだから、マルチビタミン飲んでおくかとか考えてる方は私以外にもいるはず。
やっぱりまずは知るところからですね。

研究に基づいた確かな検査

体制
体制

VitaNoteのサービスの信頼性と根拠は、滋賀県立大学とユカシカドの研究チームにより支えられています。

ビタミンの栄養評価において多大なる功績を納めてきた滋賀県立大学の農学博士と厚生労働省「日本人の栄養摂取基準」の策定委員として活躍された医師を中心としたユカシカド研究チームにより、尿中の栄養解析に特化した特殊検査センターにて、お客様に確かなサービスを提供する体制を構築しております。

簡単に検査できる

検査キット
検査キット
検査までの流れ
検査までの流れ

尿は、血液など他の検体と比べて採取する際に痛みを伴うこともなく、非常に取り扱いやすい検体です。

また、従来ビタミンやミネラルの検査を実施するには専門機関で1日分の尿を採りすぐに検査しないといけなかったのですが、VitaNoteなら自宅で採尿し、郵送するだけで検査を可能にしました。

朝起きて採尿し、郵送するだけです。簡単ですね。

豊富な検査項目

以下、15種類の項目が検査できます。

  1. タンパク質
  2. ビタミンB1(チアミン)
  3. ビタミンB2(リボフラビン)
  4. ビタミンB3(ナイアシン)
  5. ビタミンB5(パントテン酸)
  6. ビタミンB6
  7. ビタミンB7(ビオチン)
  8. ビタミンB9(葉酸)
  9. ナトリウム
  10. カリウム
  11. カルシウム
  12. リン
  13. マグネシウム
  14. モリブデン
  15. 酸化ストレス

※個々の詳細については公式サイトをご確認ください。

お得に利用できる定期検査プランもあるよ

定期コース
定期コース

15項目の検査で、基本7,500円のところ、毎月、3か月ごとなどの定期で申し込むとお得になります。

長期的に健康な身体を維持するには定期的な検査がおすすめです。

※定期コースのキャンセルは発送のご連絡前であればいつでもキャンセル可能です。カスタマーサポートまでご連絡ください。

マイページ機能

タブレットやスマホで確認できる
タブレットやスマホで確認できる

栄養バランスが一目でわかるレーダーチャートや、栄養素毎の過不足、時系列の変化などを確認することができます。

また、不足している栄養素を多く含む食品のアドバイスもしてくれるので栄養改善に便利です。

テーラーメイドサプリメント

検査結果を元にサプリも買える
検査結果を元にサプリも買える

食事での栄養改善が難しい、忙しくて手が回らないという方には検査結果から不足する栄養素を天然素材100%で配合するサプリメントも提供しています。

闇雲にサプリを飲んでも、お金がかかるだけでほとんど意味がありません。
自分に足りない栄養を知り、補うべき栄養を補うためにサプリを飲みましょう。

まとめ

私も身体のことを考えて食べるものを意識したり、サプリを飲んでみたりしていますが、
そもそもの状態を知らないためまったく意味のないことをしている可能性がありますよね。。

ということでひとまず検査をしてから、身体の改善に取り組んでいきたいと思います。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ