Twitterで就活?誰でも報酬額を提示して企業からのオファーを募集できるサービス「Negomo(ネゴモ)」

サービス

おはようございます。

昨日の寒さは本当にやばかったですね。

各地で真冬並みの寒さとなり、季節外れの雪が降った地域もあったそうです。
もしかしたら桜と雪の競演を観れた方もいらっしゃるかもしれませんね。

温度差がひどいので風邪をひいたり、体調を崩さないようにしましょう。

ということで本題ですが、Qrunchで面白いサービスを見かけたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Negomo(ネゴモ)

サービスイメージ
サービスイメージ

個人開発をされている TaKO8Ki 氏が 2019年4月にリリースしたTwitter就活促進サービス。

記事より転載

「Negomo(ネゴモ)」は、自分が欲しい報酬額をツイートしてTwitter就活できるサービスです。

何か技術を身につけている人が、Twitterで欲しい報酬額(時給・年収)を積極的にアピールすることで、適切な報酬をもらえることを理想としています!
もちろん、エンジニア以外の方も大歓迎です!

既に沢山の方が登録してアピールを開始されていますが、結構な確率で報酬があり得ない額になっています。笑

(もちろんしっかりとしたアピールもちゃんとあります)

特長

簡単に作成できる

入力画面
入力画面

タイトル、金額、アピールポイントを入力して画像を作成ボタンをクリックするだけです。

秒給・分給・時給・月給・年収が選択でき、単位も「兆」まであります。笑
(なのでネタ画像が量産されてます)

サッと作成して呟けるのでガンガンアピールできますね。

Twitter連動

画像画面
画像画面

Twitterアカウントでログインし、作成した画像をクリックすればTwitterで呟けるようになっています。

SNSを使って就職活動する時代になっていたとは驚きです。笑

企業側も活用できるかも

報酬がいくらくらいで、どんな職種、人材を求めているかを書いてツイートすれば企業側からの募集にも利用できそうですね。

まとめ

ネタのような投稿も多いですが、ここから本当に就職できたって人が出てきたら面白いですね。

それと私も知っている方が普通に使っていたのを発見して笑いました。

個人開発に興味がある方は Qrunch の記事を見ていただけると色々と参考になるかと思います。
特に画像生成の技術はとても参考になるかと思いますし、同じように画像を生成して Twitter でツイートできるサービスを作りたい方には垂涎かと思います。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

サービスTwitter, サービス

Posted by doradora