スマホで足のサイズを採寸できる「Nike Fit(ナイキ フィット)」があればネットでも簡単に靴が買えるね

Android, iOS, アプリ

おはようございます。

みなさん自分の足のサイズって大体把握していますよね?
私は自称26.5なのですが、実際に履いてみると合わない時があります。

何故なのか調べたところ、靴のサイズはメーカーによって異なる(場合がある)とのこと。
簡単に言うと、日本製であれば、踵からつま先までの長さを基準に靴を作っていますが、海外製(メーカー)の場合結構適当に作っている節があるらしいです。

詳しくはまとめていらっしゃる方もいるので、そちらを参照してもらえたらと思います。

サイズといっても足の高さや幅もあり、踵からつま先までの長さだけでは情報が不足していますよね。

ということで、
Nike から ARで足のサイズを採寸できる機能が追加されたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Nike Fit(ナイキ フィット)

採寸イメージ
採寸イメージ

Nikiの公式アプリ内に追加された「ARを使って足のサイズを採寸」できる機能。

公式より翻訳して転載

5人に3人が間違ったサイズの靴を履いている可能性があることをご存知ですか?これは、靴のサイズを決定するために業界で使用されているシステムが時代遅れだからです。それは機器だけではなく、本質的にはオオムギの穀粒を基にした測定スケールを持った足元の定規です。長さと幅は、靴が快適にフィットするのに十分なデータを提供していません。私達が知っているようにサイズを決めることは複雑な問題の全体的な単純化です。

コンピュータビジョン、データサイエンス、機械学習、人工知能および推奨アルゴリズムの独自の組み合わせを使用する新しいスキャンソリューション、Nike Fitを入力してください。それは、両足の完全な形状を測定することによってこれを行い、各Nikeシューズスタイルにぴったりのあなたのフィット感を知る能力を提供します。

私はあまり靴を購入しない(必要最低限しか持っていない)のですが、5人に3人が間違ったサイズの靴を履いているというのは驚きました。

パンプスやハイヒールで問題となっているように、
足に合わない靴を履き続けていると外反母趾や内反小趾を引き起こしたりしますので気を付けたいですね。

特長

アプリイメージ
アプリイメージ

簡単に(正確に)足のサイズを計れる

Niki公式アプリで足元を撮影するだけで独自の高精度スキャンによって
ほんの数秒以内で足の形態をマッピングする13のデータポイントを収集してサイズを表示します。

NikePlusメンバーであれば、データを保存して実店舗やオンラインショップで簡単に利用することができます。

ゲストモード

アプリをインストールしている自分の端末以外でも、ゲストモードに招待することでサイズの計測が可能です。

運動盛りのお子さんがいる家庭なんかで役に立ちそうですね。

おすすめ機能

足のサイズを登録しておくと、「自分にぴったり」のお勧め商品が表示されます。

ランニングシューズやスポーツ用のシューズを選んだ場合はぴったりフィットする感じで、
普段の日常で履くシューズを選んだ場合は少しゆったり目のサイズといったように、最適な商品を教えてくれる感じです。

便利ですね。

まとめ

ここまで書いておいて残念なお知らせですが、当面は米国のみの公開となっています。

現時点では日本での展開予定は未定となっていますが、遅くとも来年中には展開されるのではないかと思いますし、
もっと早く展開されるかもしれません。

とにかく、続報を待つしかない感じでしょうね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ