LINEで画像を送るとサクッと文字起こしをしてくれるチャットボットアプリ「文字起こし ばりぐっどくん」

アプリ

おはようございます。

東京では記録的な日照不足で、しばらく太陽の光を浴びていません。
早く梅雨が明けてくれないと太陽光不足で体調を崩しそうですね。

太陽は出ていなくても忙しいのは変わらず、今日もサクッとした記事になります。

スポンサーリンク

文字起こし ばりぐっどくん

アプリイメージ
アプリイメージ

株式会社西海クリエイティブカンパニーが開発したLINEで写真を送ると自動で文字起こしをしてくれるチャットボットアプリ。

プレスリリースより転載

本アプリは、自動で文字起こしを行うサービスです。

紙媒体に記載された文章画像を本アプリのLINEアカウントに送信することで画像情報が解析され、自動で文字データに変換される機能を搭載。
市内事業者の日々の業務で大きな負担となっていた書き起こしの作業を、3秒で解決いたします。

ちょっと前に画像から Excel のスプレッドシートを生成するMicrosoftの公式機能が話題となりましたが、
画像から文字起こしをしてくれるのも、もちろん需要がありますよね。

すごい時代だなぁ。

簡単に文字起こしできる!

使い方も簡単で、次のようにたったの初回1+3ステップで文字起こしをしてくれます。

  1. LINEで友達登録をする
    次のURLを開き表示されたQRコードから簡単に友達登録できます。
    https://line.me/R/ti/p/%40yuh5530e
  2. 読み取りたい画像を撮影 or 端末内の画像を選択
    読み取りたい文字、文章が入っている画像を撮影したり、端末内に保存されている画像データから選択します。
  3. 画像を送信
    LINEのトーク画面より、通常のトークと同じように写真を送信します。
  4. 文字起こし
    文字起こし ばりぐっどくん からの返信で、画像内の文字を抜き出して返してくれます。

※手書き文字の場合や文字に絵が重なっている場合など、多少の読み間違いが起こることもあります。

精度がどの程度のモノか、ちょっと検証していませんが、文章が長ければ長いほど、手打ちするよりは効率もよくなりますよね。

まとめ

仕事でも色々な場面で活躍してくれそうなアプリです。

なるほどなと思ったのは、
画像内の読めない漢字を調べることができるところです。
読めないので検索して調べようにも調べられないといった時の救世主となってくれますね。

開発した方の、「文字起こし ばりぐっどくん 」誕生の裏話も公開されています。

https://varygood.jp/archives/21425

画像(文字)認識には Google の AI を使っていて、個人情報にも配慮した設計となっているので安心ですね。

気になった方は是非チェック & 友達登録してください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

アプリLINE, LINEボット

Posted by doradora