完全ワイヤレスな骨伝導イヤホンが究極のながらイヤホンを実現「earsopen® “PEACE”」

イヤホン, ガジェット

おはようございます。

久しぶりにイヤホンの話し。

以前紹介した骨伝導スピーカー「docodemoSPEAKER」を販売する boco から新しい骨伝導イヤホンが登場しました。

スポンサーリンク

earsopen® “PEACE”

製品のイメージ
製品のイメージ

クラウドファンディングサイト GREEN FUNDING にて、2019年10月21日まで支援を募集している完全ワイヤレスの骨伝導イヤホン。

公式サイトより転載

特許技術の詰め込まれたスティック状カフタイプのearsopen® “PEACE”【音楽モデル/聴覚補助モデル】のクラウドファンディングがスタートしました。
世界初の完全ワイヤレス機構と小型化により、スマートでユニバーサルなBoCoの骨伝導デバイスのみが可能となる「i」型デザインを採用。骨伝導の能力が高いと言われる耳介内壁に振動を伝え、より多くの人が聞こえを実感出来る新開発構造で、頭部全体に振動を伝える画期的な製品です。

骨伝導は普通に耳で聞く感じとはまた違った聞こえ方がするそうですね。試してみたいなぁ。

特長

※枠内はプロジェクトページより転載

聴覚補助(集音)機能付きイヤホン

骨を振動させて音を伝えるので、聴こえに不安のある方のコミュニケーションにも役立ちます※。

また、世界初の完全ワイヤレス機構と小型化により、聴覚補助製品を身につけているとは周囲から思われることのないスマートでユニバーサルなデザインを実現しました。

集音システムも初代モデルより大幅にアップデート。

既存の様々な製品と比べても、突然の大きな音や自分の声による違和感が大幅に軽減された、ストレスフリーの聴覚補助機能を実現しています。

※聴覚障害を持たれている全ての方への有効性を保証するものではありません。

究極のながら聴き

装着したイメージ
装着したイメージ

このイヤホンは骨で音を聴く、骨を振動させて音を伝える、ということを世界で初めて、完全ワイヤレスで実現しました。

  • 街を移動しながら安心して音楽を楽しみたい
  • 音楽を聴きながら会話したい
  • オフィスで仕事をしながら音楽を聴きたい
  • 音楽を聴きながら安全にランニングしたい

こうした骨伝導イヤホンならではの体験を、更にストレスフリーでスマートなものにアップデートしました。
IPX7等級の防水設計。ランニングをはじめとしたスポーツシーンでも安心してお使いいただけます。

「i」型デザイン

誰にでも最高の聴こえを届ける装着位置と装着方法について、開発の手を休めることはありませんでした。

そして、完全ワイヤレスの課題と共に出した答えは、BoCoの骨伝導デバイスのみが可能となる「i」型デザインでした。

世界最小の骨伝導デバイスを最も骨伝導の能力を発揮する耳介の内側後方に装着するために生まれた、デバイスホールド部とアーム部の最適設計により、従来の骨伝導イヤホンでは難しかった量感と中低音域を表現し、音漏れ低減を実現することが出来たのです。

Made in JAPANの信頼できる技術

初代モデルの発売から2年。10モデル以上の骨伝導製品を開発・発売してきました。その中で幾度も振動デバイスのアップデートをし、ハウジング技術を向上させ、ついに世界初の完全ワイヤレス化を実現することができました。これこそが、完全にMade in JAPANの信頼できる技術です。

また、その長きに渡る開発の過程で、既存製品のユーザーからご要望をいただきました。

  • 完全ワイヤレスかつ小型で、つけていることを忘れるような装着感
  • 周囲から聴覚補助イヤホンだと思われない、ファッショナブルな見た目
  • より高音質の骨伝導サウンド

こうした様々な実体験に基づいた声をもとに、この世界初完全ワイヤレス骨伝導イヤホンを”日常の様々なシーン”で末長く使っていただけるような製品に仕上げました。

まとめ

既に目標額の1700%を達成している大人気の製品です。

音楽用無線モデルは学生なら最大44%オフの15,800円で購入できるチャンスですので、

気になった方はチェックしてみてください。

プロジェクトページはこちら

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ