アプリで遠隔操作もできるスマート給餌機がミニサイズになって登場「FRESH ELEMENT mini(フレッシュエレメント ミニ)」

ガジェット

おはようございます。

本日も超絶忙しいためサクッと。昨日に引き続きペット関連の製品を。

以前紹介したスマート給餌機「FRESH ELEMENT(フレッシュエレメント)」にミニサイズが登場しましたのでご紹介。

スポンサーリンク

FRESH ELEMENT mini(フレッシュエレメント ミニ)

製品イメージ
製品イメージ

クラウドファンディングサイト machi-ya にて、2019/12/15まで支援を募集中のスマート給餌機。

プロジェクトページより転載

毎日忙しく仕事や学校などが忙しく留守中のペットの食事を忘れたりしていませんか?

徹底された設計で作られたスマート給餌器「フレッシュエレメント」が小さくパワーアップして登場。

アプリからの遠隔操作でいつでもワンタッチでフレッシュな食事提供ができます。

これまで好評をいただいていた前作「FRESH ELEMENT」はサイズが大きく、小型犬や猫に対してはオーバースペックでした。そんな声を世界中の愛犬家・愛猫家の皆様からいただき開発されました。

細部にまで拘って作られており、ペット達の健康にも影響する食事(ドライフード)を独自の技術によって湿気から守り、またWi-Fiネットワーク機能も搭載の為、外出先からでもアプリを通じて愛するペット達に食事の提供が可能になります。

特長

※枠内はプロジェクトページより転載

アプリで1週間の給餌プランを設計可能

アプリイメージ
アプリイメージ

外部からの遠隔操作での都度対応はもちろん、事前に給餌プランを設定することも可能です。給餌プラン設定では、1日の提供回数や量を細かく設定することができます。

※ Wi-Fiを通じて遠隔で操作できる為、国内では電波法に基づき「技術基準適合認証(工場設計認証)」が必要になります。当社が販売する製品については全て国内で必要な認証を取得しておりますので安心してご利用いただくことができます。

※ 並行輸入品等は上記認証を受けていない場合がありますのでご注意ください。電波法等においては、未承認の無線利用機器をお使いの場合、ご利用者様が罰せられる場合があります。

完全な湿気対策がされた貯蔵タンク

湿気対策
湿気対策

「DOUBLE FRESH LOCKシステム」と名付けられた専用設計により「ドライフードを適正な水分状態に保つ(湿気から守る)」為に目に見えない細部にまで拘って作られています。

湿気は味、品質の低下や場合によってはカビなどの健康被害にも繋がります。愛するペット達にできるだけ購入した状態と同じクオリティで食事を提供。

一見地味ですがフードの品質維持にこだわってプロダクトデザインを行っています。

また本体は小ぶりながら庫内には最大約1.5kgのドライフードを貯蔵でき、猫ちゃんや小型のワンちゃんに最適な量を新鮮なまま提供が可能です。

適切量を提供するシステム

適切な量に調整
適切な量に調整

様々なサイズのドライフードでも指定の分量を適切に排出できるように「赤外線センサー」と「内部のシリコン製ヘラ」等で制御。多くのテストを経て、長期間壊れずに正確に給餌することが可能です。

清潔に保てる

簡単洗浄
簡単洗浄

上蓋、フードコンテナ、給餌トレイが取り外し可能なため、お手入れも簡単です。これらのパーツは水洗いいただいても大丈夫なため、いつでも清潔に保つことが可能です。

バックアップ電源

緊急時の対応
緊急時の対応

停電などの非常時に餌をあげられないことがないようにバックアップ電源システムを搭載。

本体底面のネジを外し、単3電池4本をセットいただければ電気が供給できない時でもマニュアルモード等で動作させることが可能です。

まとめ

最近実家の猫の子守をして、やっぱり自動でご飯をあげる機械に頼らず自分たちでしっかりお世話するのがいいんだろうなと思いました。

とはいえ、どうしても帰れない状況なんていくらでもありますし、それでご飯を我慢させるよりはこういったものを使ってあげた方が、ペットのためにもなるか。

自分のため、ペットのためにいいなと思った方、気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

プロジェクトページはこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ