JR東日本から山手線内を中心にスマホで予約できるロッカー予約サービス「To Locca(トロッカ)」を提供開始

サービス

おはようございます。

ちょっと別件の作業を頼まれていて時間がなくサクッと。

山手線の主要駅にスマホで予約できるロッカーが登場するようです。

スポンサーリンク

To Locca(トロッカ)

ロッカーのイメージ
ロッカーのイメージ

山手線のロッカーは緑色のイメージですが、区別がつくようになってますね。

2020年3月25日より開始。

もしかしたらもうすでに設置はされているのかな?

プレスリリースより転載

○ 東日本旅客鉄道株式会社は、グループ経営ビジョン「変革2027」のもと、「ヒトを起点とした価値・サービスの創造」をとおし、お客さまや地域の皆さまの「心豊かな生活」の実現を目指しています。

○ その一環として、2020年3月25日より、ロッカー予約サービス「To Locca(トロッカ)」を、山手線内を中心に11駅でスタートします。

○ あらかじめ日時を指定してコインロッカーを予約できるサービスの提供は、JR東日本グループで初めてであり、列車を使った移動や駅の利用がより便利で快適なものになります。

○ 「To Locca(トロッカ)」は、専用WEBサイトで1時間100円(税込)からのご利用料金でロッカー予約が可能であり、出張や旅行の際はもちろん、お買い物やランチなど短時間でも気軽にご利用いただけます。

○ 今後は「To Locca(トロッカ)」をご利用いただける駅を2021年3月までに30駅に拡大するとともに、当社エリア外へのサービスの展開や、JRE POINT・MaaSとの連携、荷物受取・発送サービスへの対応等、事業領域の拡大を目指します。

私もたまーにロッカー使いますが、そこまで空いていないってこともないと思いますけど。。

今後、新型コロナが落ち着いて予定通り東京オリンピックが開催されると、海外からの渡航者が増えロッカーも奪い合いになるのかもしれませんね。

オリンピック、無事に開催されるといいのですが。。

特長

空きロッカーを検索できる

自分の位置情報だったり、駅、ロッカーのサイズを指定して空きロッカーを検索できます。

これだけでももしかしたら便利かな。

預けようとしてロッカーまでいってみたら空いていないといったことを避けることができますね。

スマホから予約できる

空きロッカーを検索したら、そのままスマホでロッカーを予約することができます。

サービスが浸透したら予約するのが基本になるのかもしれませんね。

予約→利用の時間によっては何も入っていない状態の時間が増えて逆に効率が悪くなる可能性もありそうですが。。

1か月前から予約可能なので、使う日が決まっている場合は利用した方がいいでしょう。

サービス開始時点で利用できる駅

  • 東京
  • 浜松町
  • 高輪ゲートウェイ
  • 品川
  • 新宿
  • 池袋
  • 上野
  • 秋葉原
  • 神田
  • 信濃町
  • 舞浜

となっています。

まとめ

駅のロッカーはうまく使えば荷物を持ち歩かずに観光だったり買い物が出来るので便利です。

大きい駅であればロッカーの数も沢山あってそんなに埋まることもなさそうですが、予約が普通になれば予約で埋まってしまう可能性もあるので、ロッカーをよく使う人はひとまず会員登録しておくことをお勧めします。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

サービスサイトはこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ