コップ一杯の水でスマホ2台充電できる「AQUA Charge(アクアチャージ)」

ガジェット

おはようございます。

ちょっと忙しくしていて今日はサクッと。

災害時に便利な使い捨ての、水で充電できるキットを紹介。

スポンサーリンク

AQUA Charge(アクアチャージ)

製品イメージ
製品イメージ

藤倉コンポジットから販売されている水だけでスマホを充電できる非常用モバイル充電器。

公式より転載

被災地では水道水や食料を始めとする支援物資の配給とともに、スマートフォンの充電に長蛇の列が出来ています。2〜3時間並んでも充電できる時間は数十分。数%の充電回復ではあっという間に切れてしまうのが実状です。
だからこそ、家庭用に小さなWattSattを。一日も早い完成を。この想いが結実し、この度、非常用モバイル充電器アクアチャージを発売することとなりました。

実際に電気がなくて困ったことはないのですが、東日本大震災のときは計画停電など、経験したことのないことが沢山ありました。

今ではスマートフォンは生活に欠かせないものとなり、万が一のときも使えないとなると人は不安に陥るのかもしれません。

特に家族や友人と連絡がとれないと心配になりますよね。

私もモバイルバッテリーは災害時用にも用意していますが、いつくるかわからない災害のために充電状態を維持するのは地味に大変だったりします。

AQUA Charge であれば、災害時の時に開封して水を入れればすぐに充電開始できるので、非常用として持っていくと役に立つ時がきっとくると思います。

特長

使い方
使い方

長期保存可能

最大5年間の長期保存が可能です。

価格は4,980円で、1ヵ月に換算すると83円となります。

万が一の安心を手に入れられるのであれば安いもんですよね。

保存中に性能も劣化しませんよ。

すぐに充電できる

通常のモバイルバッテリーは、まずバッテリーへの充電が不可欠ですよね。

AQUA Charge は、開封後水を入れるだけですぐに充電を開始することができます。

また、11,000mAhと大容量でスマホ2台をフル充電することができます。

短時間で充電できる

家庭用のコンセントと同等の出力で、安価なモバイルバッテリーより短時間で充電することができます。

※急速充電には対応していません。

開封して、同封の発電用塩、水の順番に入れ電池本体をセットするだけで使うことが出来るので、簡単ですね。

まとめ

東日本大震災から9年が経ちました、直後にニュース等で目にしたことがありますが、今後同様の大地震が起こる可能性は30年のうちに70%だとか、結構な確率が発表されていましたよね。

あっという間に9年が経ちましたし、今現在どういった確率になっているのか詳しくはわかりません(調べてません)が、相変わらず大地震はいつ起こってもおかしくないのだと思っています。

ブログでもちょこちょこ備えについて書いてきましたが、今一度身の回りの備えについて考えてみたいと思います。

気になった方はチェックしてみてだください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ