新型コロナウイルスの脅威から大切な人を守るためにできること

その他, 雑記

おはようございます。

今日は新型コロナの話しを。

ここ数日、東京でも毎日40人以上の感染者が発覚していて、少しばかり危機感を持ち始めた人もいるかと思います。

土日は外出自粛の要請が出て、普段よりは少し人が減ったなと思いましたが、身近な人で飲みに行っているという人が居て驚きました。

仕事で仕方なく外出しなければならない人も沢山いますし、それについてはある程度仕方のないことだと思っていますが(私もですし)飲みに行っている人はちょっとよく考えて行動をしてほしいですよね。

ということで、そこまで影響力のあるブログではありませんが、対策について当たり前のことも含め発信しておきます。

※専門家ではないため難しいことは書きません

スポンサーリンク

クラスター対策をしよう

クラスター感染とは

新型コロナを発症した集団が、次の集団を生むといった現象。

集団感染については、主に屋内の閉鎖空間で発生しており、フィットネスジムやライブハウスなどで発生したのがニュースになりましたよね。

最も有名なのは大型客船のダイヤモンドプリンセス号です。当時は船ごと隔離された状態にあり、不謹慎ながら私も他人事のように思っていました。

今日本が一番抑え込もうとしているのは、このクラスター感染です。

というかクラスター感染を抑え込まないと、今後どんどん状況は悪化していくことになります。

対策

考えれば分かることですが、集団感染なので、まず第一に集団で密集した場所に集まらないのが一番ですよね。

ニュース等で目に、耳にしたことがあるかと思いますが、クラスター感染には次の3つの条件が揃った場所で発生しやすいことが分かっています。

  • 密室
    換気の悪い密閉空間
  • 密集
    多くの人が同じ場所に集まっている
  • 密接
    互いに手の届く距離で、会話や発声が行われる

こういった場所にはまず行かないことが一番ですし、とにかく条件を揃えないように工夫することが大事です。

特に若者に多いと言われていますが、症状が出ない人もいるようで、条件を満たした場所で一緒になると健康そうに見える人からも感染するリスクがあります。

なので、何よりも重要なのはそういったリスクがある場所に行かないということになります。

手洗い、うがい、マスク、消毒をしよう

言うまでもなく、手洗い、うがい、消毒をこまめにし、人と接する時はマスクをするべきです。

症状が出ないこともあるので、自分が感染しているかどうかは検査しなければ分からない状況です。

手洗い、うがい、アルコール消毒等で予防するのはもちろんですが、マスクをすることによって密接の条件を避けることができます。

3つの条件が揃わなければ(今のところ)感染のリスクは抑えることができているようです。

マスクは相変わらず品薄で手に入れにくい状況ですが、例えばスカーフやハンカチで口を覆うだけでも効果は期待できるかと思います。

手作りマスクのススメ

ここまでマスクが手に入らない、原因の一部は高齢者の買い占めとも言われていますが、実際どうなんでしょうね。

とはいえ手に入らないのは仕方ないので、マスクを自作する方も増えているようです。

作り方なんかは色々とネットに出回っているので、出来そうなものがあればやってみるといいかもしれませんね。

大切な人と会うのを控えよう

完全に引きこもって誰とも会わずに生活することが望ましいですが、現実ではそうもいかないですよね。

新型コロナウイルスは症状が出ない場合もあるため、自覚がなくても自分が感染していることを想定しておくべきです。

不要不急の外出を避けることはもちろんですが、家族だから大丈夫かと油断して集まらないようにしましょう。

もし、自分が知らずのうちに感染していて、大切な人にうつしてしまったなんてことがあったら怖いですよね。

私も月に何度か、母、姉、義兄と集まりご飯を食べたりしていましたが、しばらくはそれも控えようと思います。

友人も然り。

つい先日、東京のロックダウンを懸念して夜行バスに若者が殺到したとニュースになっていましたが、それも恐ろしい話しですね。

2週間後には地方でも、東京から帰省した若者から感染が広がるかもしれません。。

気持ちは分かりますが、よく考えて行動しましょう。

買い占め、買い溜めはやめよう

特に高齢者に多いと聞きますが、過剰な買い占めは止めましょうよ。

マスクだって、トイレットペーパーだって、そこまで沢山必要ないですよ。食料品もそうですよね。

都知事の会見後、食料品も一瞬スーパーから姿を消しましたが、翌日にはもう元通りです。

焦って過剰に買ってしまった方は、必ず腐らせず、ロスしないようにしてほしいものです。

フードロス問題に真剣に取り組み頑張ってきた人たちの努力も水の泡です。

 

今回の騒動で、私は物資や食料を一切過剰に購入していません。

家にあるお米はもうそろそろ尽きそうですが、パスタやうどんそばもあるし、正月に買って余った餅が沢山あります。

なんだかんだ缶詰も結構あるし、カップ麺もいくつかある。

家族数人で暮らしている方は、その分沢山の備蓄が必要となると思いますが、男一人暮らしには十分な食料があります。

到底飢えて死ぬことはないです。

とにかく過剰な買い占めは恥ずかしいことだって、皆が思うようになればいいですね。

まとめ

今回の新型コロナの影響で、インフルエンザの患者は例年よりうんと少ないみたいですね。

実は毎年インフルエンザで死亡している人の方がはるかに多いのですが、何故かインフルエンザをここまで怖がっていたイメージはありません。

新型コロナにより人命、経済、オリンピックの延期等多くの影響が出てしまいましたが、終息した後はよりよい世界になると信じて、頑張って乗り越えていきたいですね。

今、大切なのは一人一人の意識、行動です。

根拠もなく自分は大丈夫と思い込むのはやめて、今一度、よく考えていただければ。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

その他, 雑記新型コロナ, 雑記

Posted by doradora