SATA-USB変換ケーブル「USB-CVIDE3 」でPCのHDDからデータを抜き出してみた。

Windows, その他, 小ネタ

おはようございます。

先日、仕事用PCがHDDエラーで起動しなくなってしまったのですが、

色々と調べてみた結果なんとかデータだけでも抜き出せる可能性があるということで、

変換ケーブルを購入して試してみました。

ので、手順を記録。

ちなみに DELL INSPIRON 3268 です。

ケースからHDDを取り出す

まずは電源などのケーブル類をすべて外し、広い机の上などで横に倒します。

手順1
手順1

裏側で止めてあるネジを2本外し、蓋を開けます。

手順2
手順2

次に、前面カバーをひっかけている〇の部分を外しながら矢印の方に引き、前面カバーを取り外します。

手順3
手順3

カバーが外れたら、続いて〇部分のネジを外します。

手順4
手順4

ネジを外したら矢印の方向にずらし、持ち上げるとHDDが取り出せます。

〇部分にケーブルが接続されているので、慎重に抜きます。

手順5
手順5

HDD取り外した姿。

この部分はやらなくてもいいのですが、せっかくなので全部取り外してみました。

SATA-USB3.0変換ケーブル を接続

手順6
手順6

ちゃんと動くPCを用意、そちら側のUSBと、HDD側のSATAでケーブルを接続し、〇部分にあるスイッチをオンにします。

これで、HDDが死んでいなければ、PC側に外付けHDDとして認識されます。

(ドライブが複数ある場合も、複数のドライブとして認識されます)

まとめ

今回、無事に認識できて、データを抜き取ることができたのでよかったのですが、

場合によっては認識してくれないケースもありますので、そこらへんは自己責任で。

何かのお役に立てれば。

ではでは。

created by Rinker
サンワサプライ
¥2,307 (2020/08/07 09:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク


関連するコンテンツ