じんわり首を温めてマッサージしてくれる「COFO Neck Pro」で首回りをケア

ガジェット

おはようございます。

今週後半は台風の影響でずっと雨ですね。

週末ちょっと外食予定なので憂鬱です。

それたらいいなー。

本題ですが、

もはや現代病となっている、スマホ操作による首の痛みに効くケアアイテムを紹介。

スポンサーリンク

COFO Neck Pro

製品イメージ
製品イメージ

クラウドファンディングサイトの makuake にて、2020年12月05日まで支援を募集中の製品。

一般販売価格は8,800円となっています。

プロジェクトページより転載

電子機器に囲まれた時代。しかも、テレワークも増えています。「ちょっと首回りを休めてケアしたいなぁ」という心の声が聞こえてきます。そのような心の声に、私たちCOFO(コフォ)は日本製・業界最軽量クラス・特許技術採用と拘り抜いた最新作でお応えします。

もし、「本格的な首回りケアアイテム」が持ち運び可能だったら?ボタンを押すだけで、ゆったりとしたケアタイムを作れたら?いつでも、どこでも、楽しむことが出来たら?このようなお声に応えるべく、私たちCOFOはNeck Pro(ネックプロ)を開発いたしました。

私もここ数日首が痛くて、あぁ疲れてるなって感じています。

整体とかにも行きたいなと思うのですが、なかなか時間が取れなくて。。

そんな時に COFO Neck Pro があれば、家でも職場でも好きな時間に首回りのケアが出来るのでよさそうです。

特長

※枠内はプロジェクトページより転載

独自の「C周波」技術

C周波
C周波

Neck Proは特許出願中(特願2020-30014)の独自の「C周波」技術を採用。

巧みに筋肉刺激・神経刺激を提供。さらに温熱機能との相乗効果で、計4種類・10段階の調整により、深層まで程よい刺激を与えてくれます。

浅筋から深層筋への程よい刺激が、Neck Proの強み。ユーザーに合わせた適切な刺激度合いが、その日の気分で自由に調整可能!

グラフェン温熱でじんわり温める

グラフェン温熱
グラフェン温熱

じんわり、うっとり。まるで蒸しタオル。

グラフェン(炭素原子膜)を用いた高品質の加熱素材が、接着パッド部分に「42°の温感」をもたらします。このやすらぎの温かさが、筋肉刺激と合わせて、至福の首回りケアの環境づくりをサポートします。

グラフェン温熱モードは赤外線を用いた仕組みとなっています。深層筋まで浸透する温かさを利用する事により、独自開発「C周波」の筋肉刺激との親和性を高め、やすらかな時間を演出します。

3層構造ですっきり軽やかに

3層構造
3層構造

グラフェン温熱層、磁石層、そして特許出願中のナノ粘着通電繊維層。こちらの技術を集合しさらに洗練を加えた三層構造が、それぞれの役割を適切に発揮してくれます。

十段階強度調整

十段階の強度調整
十段階の強度調整

刺激強度も十段階調整できるので、少し辛いかなくらいから、いやこれ整体行でしょって思う程度まで幅広く対応できます。

コンパクトで静か

コンパクトで静か
コンパクトで静か

テレワークの時代に入り、在宅勤務によるPC作業などが増す中で、首周りのケアはとても大切。Neck Proは頑張る皆様を力強く応援します。いつでも、どこでも、皆様の傍に置いて、やすらぎの時間と空間をお過ごし下さい。

心地良い首回りへの筋肉刺激は、もちろんパソコン作業を行いながらでも可能です。首回りに心地良くフィットする構造で、仕事の最中にもスッと馴染みます。

オフィスでも、滞在先でも、移動中でも。駆動音は驚きの「0dB(デシベル)」、音はほとんどありません。ビデオ通話をしながらでも、音の邪魔にはなりません。周囲だけではなく自分も気にならない、本格静音設計です!

持ち運びやすい

持ち運びしやすい
持ち運びしやすい

Neck Proの軽さは、なんと「タマゴ3個分」程度。シリコン素材によって折り畳みも可能で、場所を選ばず持ち運べます。まさに、「いつでも・どこでも」という優れた携帯性を持ったアイテムなのです。

まとめ

私も首回りが付かれているときはあずきのチカラを使ったりするのですが、肩に乗せるだけなのであまり動いたり他のことをしたりはしにくいんですよね。

その点、COFO Neck Pro であればしっかりホールドされているし、

家事でも仕事でもほかのことをしながらケアが出来そうです。

ほんとはじっとしていた方がいいのでしょうけど、忙しいときは仕方ないですよね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

プロジェクトページはこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ