家で好きなだけ吹けるサクソフォンが登場!ヤマハ デジタルサックス YDS-150

ガジェット

おはようございます。

ちょっと忙しくしているためサクッと。

今日は始めようとしてもなかなか敷居の高い楽器が

より身近になった製品を紹介。

スポンサーリンク

ヤマハ デジタルサックス YDS-150

製品イメージ
製品イメージ

ヤマハ株式会社から 2020年11月20日に発売されるデジタルサックス。

プレスリリースより転載

当社は、1967年に初めてのサクソフォンを発売して以来、入門モデルからプロモデルまで幅広く製品を製造・販売しながら常に品質向上と技術革新を続け、さまざまな音楽シーンを支えてきました。

このたび発売する『YDS-150』は、「いつでも、どこでも、だれでも演奏の楽しみを味わえるサクソフォン」をコンセプトとし開発した製品です。サクソフォンの本格的な表現力をそのままに静音化を実現した、より気軽に、より身近に演奏を楽しんでいただける全く新しい管楽器です。

息を吹き込むだけですぐに音を出すことができ、息の圧力により繊細な音量や音色の変化をつけることができるので、管楽器初心者から経験者まで奏者の表現したいことに応えてくれます。またアコースティックサクソフォンに先進のデジタル技術を融合させた「ベル一体型アコースティック音響システム」は、奏者がアコースティックサクソフォン特有の響き、振動を身体で感じながら演奏を楽しむことを可能とし、奏者と楽器との一体感を生み出します。

特長

時間や場所を気にすることなく思いのままに演奏が可能

どこでも吹ける
どこでも吹ける

デジタル技術により15段階で音量を調節でき、夜間でもリビングルームでも思いのままにサクソフォンの演奏を楽しむことができます。またヘッドホン、イヤホンを接続すれば、外に音を漏らすことなく演奏することができ、これまで大きな音が理由でサクソフォン演奏をあきらめていた方も周囲を気にすることなく自分の演奏に没入することができます。

サクソフォンを体感できるオーセンティックなデザインと響き

サクソフォンを体感
サクソフォンを体感

アコースティックサクソフォンと同じキイ配列、マウスピース、サムフックを採用し、自然で滑らかな操作感を実現しました。また本体にアコースティックサクソフォンと同じイエローブラス製ベルを採用し、当社が新開発した「ベル一体型アコースティック音響システム」によるオーセンティックで心地よい響きと振動が、まるでアコースティックサクソフォンを演奏しているかのような一体感を奏者にもたらします。

だれでもサクソフォンの表現ができる新しい演奏体験

誰でも吹ける
誰でも吹ける

吹き口はアコースティックサクソフォンと同じスタイルのマウスピース・リードでありながら、初心者にとって最初のハードルであるアンブシュア(演奏時の口の形)を作らなくても美しい音を出すことができます。吹き込む息の強さによって音の大きさ、音色を変えることができ、また奏でる音色は日本を代表するサクソフォン奏者の協力のもと、時間をかけてソプラノ・アルト・テナー・バリトン各サクソフォンのすべての音を丁寧にレコーディングしたものです。サクソフォン系の56音色に加え、シンセサイザー系の音色も合わせて全73音色を搭載し、この一本だけでサクソフォンを中心とするさまざまな音色による音楽表現ができます。

専用アプリで簡単にカスタマイズが可能

専用アプリ
専用アプリ

新開発のiOS/Android対応アプリ「YDS Controller」(無料)をスマートフォン/タブレットとBluetooth接続することで、音色の変更、エフェクトの調整、運指のカスタマイズ、息の抵抗感・レスポンスといった吹き心地の調整などを簡単に行うことができます。

まとめ

私も一時期、一緒にサックス習わないかと友達に誘われていたことがありました。

その友達はちゃんと習い始めて一度だけ演奏を聴きにいったことがありますが、あの時一緒に出来ていたら楽しかっただろうなと思います。

なかなか練習する場所も少なく、練習にもお金がかかるイメージがあるサックスですが、

デジタルサックスであればいつでもどこでも好きな場所で練習ができるのでいいですね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

プレスリリースはこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ