パソコン作業を効率的にこなすには、まずタイピングをマスターするべき。

2018年10月1日サービス, 作業効率

タイピング。
PC作業をする場合必ず通らなければならない道。
されど、得意だからといって特に会社からは評価されない技術。

こんにちは。
みなさんタイピングに自信はおありですか?
作業効率や生産性をあげたいのであれば、難しいことを考えずに
まずタイピングをマスターしましょう。

スポンサーリンク

何故タイピングなのか

それは、PCに何かしてもらうのに基本的な操作であり、
難しいことをしなくても確実に作業効率があがるからです。
※沢山のショートカットを覚えたり、Excelの難しい関数を使いこなしたり、とか。

タイピングはパソコン操作の基礎といえるものです。
そしてホームポジションは素早くタイピングするための(一つの)手法でもあります。

これらを習得せずにパソコンで作業するということは
バスケットボールでドリブルができないのにシュートばかりするみたいな感じでしょうか。
更に、ドリブルをさせてみても上からバシバシはたくだけで全然安定しない。みたいな。

ドリブル(パス)はタイピングであり、
ドリブルをうまくするための手法はホームポジションと言えるのではないでしょうか。
※バウンドする力に逆らわずに、手に吸い付かせるように、ボールは友達だと思うこと。

私はシステム業界に携わっていますが
タイピングができない人、思ったよりも結構います。衝撃です。
そういった方々が後に偉くなって、タイピングなんてマスターしても仕事上の評価はできない。
とか言い出すんですよきっと。勝手な思い込みですが。

どうやってマスターすればいいか

ホームポジションを覚え、ひたすら文字を入力するのが一番だと思います。
まだ、たいしてパソコンをさわっていない、無垢な方であれば
それほど大変ではないかもしれませんが、既に自己流のタッチを編み出してしまっている方は
慣れた方法を捨て、なるべくではなく、必ずホームポジションでの操作をするようにしましょう。
一時的に効率は落ちるかもしれませんが仕方ありません。

今では、無料でタイピング練習ができるサービスなんかも数多く存在しますので、
そういったものを活用するのもいいかと思います。

おすすめ無料タイピングサービス
e-typing
https://www.e-typing.ne.jp/roma/check/

色々なカテゴリがあり、おもしろいかと思います。
また、腕試しレベルチェックの機能があるので、
上達が目に見えてモチベーション維持にもつながります。
上達できればですが。

私の記録、載せておきます。

 

good!よりも上があるそうなので、頑張って出してみたい。

それでもダメな場合

オンラインゲームでチームとかに入り、チャットに明け暮れましょう。
それか、好きな人に頼んで毎日チャットするようにしましょう。
きっとすぐに上達するはず。

チャットであれば、相手がいることで、ただタイピングするよりも必死になれます。多分。
ただし、ホームポジションを崩さないようにしなければ意味がありませんけど。

まとめ

パソコン作業の効率を上げるために最初にやるべきことはタイピングをマスターすることです。
周りからタイピング王子とかなんとか呼ばれるように頑張りましょう。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ