【WPF】タイトルバーにアイコンを表示する

2018年7月19日C#, 開発

おはようございます。

今回は、画面のタイトルバーにアイコンを表示したいと思います。
アイコン自体は以前紹介した無料のサービスでちゃちゃっと作ってみました。

スポンサーリンク

アイコンを作成する

https://www.canva.com/

Canva でアイコン作り
Canva でアイコン作り

Canva で 猫のシルエットのイラストを適当に追加します。

ダウンロード
ダウンロード

ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。

透過させる

Gimp
Gimp

Gimpというツールを使って作成した画像の背景を透過させます。

ファジー選択ツール
ファジー選択ツール

先ほど作成した画像をドラッグアンドドロップで表示したら、
ツールから「ファジー選択ツール」を選択します。

透過処理
透過処理

背景色(白い)部分をクリックすると、同じ色の箇所が選択状態となります。

背景色を削除
背景色を削除

背景色が選択された状態で、「Delete」キーを押下すると選択された部分が透過されます。

保存
保存

ファイルメニューから「名前を付けてエクスポート」を選択して画像を保存します。

画像をアイコンファイルに変換

こちらもフリーで出来るサービスを利用して「PNG」→「ICO」ファイルに変換します。

アイコンコンバーター

アイコンコンバーター
アイコンコンバーター

ページを表示したら、「ファイルを選択」ボタンをクリックして
先ほど作成した画像ファイルをアップロードします。

ダウンロード
ダウンロード

色々なサイズに変換してくれるので、32 x 32 の大きさをダウンロードします。

アイコンをリソースに追加

ソリューションエクスプローラで、
プロジェクトを右クリックし「追加」>「フォルダ」を選択、「Resource」フォルダを作成します。

リソースの追加
リソースの追加

作成した「Resource」に作成した「ICO」ファイルをコピー&ペースト等で追加します。

画面を修正する

Windowのオプションを追加します。
(リソースのパスは次のようにします。)

 

通常版

サイズ変更版

こちらは Window のオプションではなく、別途追加してサイズを変更する方法です。
(メトロウィンドウ)

 

変更後画面
変更後画面

アイコンを表示した画面です。
ちょっと小さすぎましたが、アイコン作成時にちゃんとしたサイズを意識すれば
問題ありませんね。

今回はここまで。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年7月19日C#, 開発C#, ico, icon, WPF, アイコン, プログラミング, 透過, 透過処理

Posted by doradora