「WinSCP」をインストールして wpXクラウドサーバーにFTP接続してみる

2018年7月20日ソフトウェア, ブログ運営, 小ネタ

おはようございます。

このブログはwpXクラウドサーバで運用していて、
基本的には直接FTPで何かするってことはあまりないのですが、
先日発生したエラーの対応で必要に迫られたので「WinSCP」というソフトをインストールしてみました。

まずは wpXの設定で FTP出来るようにします。

スポンサーリンク

wpXサーバの設定

wpXサーバ管理パネル
wpXサーバ管理パネル

wpXサーバ管理パネルで「WordPress設定」をクリックします。

FTP設定
FTP設定

FTPアカウント設定の「設定」ボタンをクリックします。

FTP設定変更画面
FTP設定変更画面

設定変更ボタンをクリックします。

FTPアカウント設定画面
FTPアカウント設定画面

必要な情報を入力し、「設定変更(確認)」ボタンをクリックします。

以上で設定は完了です。

WinSCPのダウンロード

窓の杜 から、WinSCPをダウンロードします。

窓の杜
窓の杜

窓の杜からダウンロードリンクをクリックします。

WinSCPのインストール

セキュリティ警告
セキュリティ警告

セキュリティ警告が表示され場合は「実行」ボタンをクリックします。

同意画面
同意画面

使用許諾契約書の同意画面が表示されるので、「許諾」ボタンをクリックします。

セットアップ画面
セットアップ画面

セットアップ形式画面が表示されるので、
「標準的なインストール」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

インストール先などを指定したい場合は「カスタムインストール」を選択してください。

ユーザの初期設定
ユーザの初期設定

ユーザの初期設定画面が表示されるので、「コマンダー」を選択して
「次へ」ボタンをクリックします。

ここも、お好みなのでエクスプローラ風に利用したければ
「エクスプローラー」を選択してください。

インストール準備完了
インストール準備完了

インストール準備完了画面が表示されるので「インストール」ボタンをクリックします。

セットアップ完了
セットアップ完了

セットアップウィザードの完了画面が表示されるので
「完了」ボタンをクリックします。

FTP接続

インストールした「WinSCP」を起動します。

ログイン画面
ログイン画面

必要な情報を入力し、「保存」ボタンをクリックします。
接続情報を保存しておくと次回からの接続が楽になるのでおすすめです。

セッションの保存
セッションの保存

セッションの保存名、初期フォルダを選択して「OK」ボタンをクリックします。
セキュリティを考えるのであればパスワードは保存しない方がいいです。

接続後画面
接続後画面

無事に接続できました。

これで何かあった場合には直接ファイルを弄ったり、
個別で必要なファイルをバックアップしたりできるようになりました。

まあ、wpXクラウドサーバを利用している場合はあまり触ることはありませんが・・。

ということで今回はここまでです。
ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ