愛犬家による愛犬のためのドッグカメラ「Furbo」の餌やり機能が面白い

2018年9月12日ガジェット

おはようございます。

このブログでも告白していますが
幼少期に背中を噛まれてから私は基本的に犬に対して苦手意識があります。

幼馴染の友人の家で犬を3匹飼っていたことがあり、
その時に触れ合ってからは少し苦手意識も克服しましたが
やっぱり猫の方が好きなのは相変わらずです。

ただ、最近は昔と比べるとテレビで犬や猫の映像を観ることが増えましたし、
犬は賢くて、またあの構ってほしいアピールがすごいところなんかを観ているとかわいいなと思いますね。観ている限りはですが。

ということで、私は愛犬家というわけではないのですが、
猫用にも応用できそうなおもしろい商品をたまたま知りましたので調べてみました。

スポンサーリンク

Furbo

製品イメージ
製品イメージ

公式サイトより転載

留守番している愛犬が気になるあなたに・・
Furbo(ファーボ)は、あなたとお留守番しているワンちゃんの「離れていても、いつでも一緒。」を叶える愛犬家による愛犬のためのドッグカメラ(ペットカメラ)です。

Furbo(ファーボ)は、5,000人以上の獣医師やドッグトレーナー、飼い主の協力の下、犬特有の視覚・聴覚にあわせてワンちゃんにとって最適な設計で作られています。

特徴

※枠内は公式サイトより転載

HD画質映像&自動暗視機能

カメラで愛犬を確認
カメラで愛犬を確認

Furbo(ファーボ)があれば、世界中どこにいてもスマホで愛犬の様子をご覧になれます。また、自動暗視モニターを搭載しており、昼夜を問わず鮮明な映像をお楽しみいただけます。※家族・恋人とのアカウントのシェアも可能。

こういうのがあると便利だなーと思う反面
何か犬以外のものが映っていたらと思うとちょっと怖いですよね。

また、どうしてもIT機器はセキュリティの問題がつきまといますので、
ご利用の際は十分注意していただければと思います。

飛び出すおやつ機能

飛び出すおやつ
飛び出すおやつ
飛びつく愛犬
飛びつく愛犬

 

 

 

 

 

スマホからおやつをあげて、外出先から気軽にワンちゃんと遊ぶことができます。良い子にしていた愛犬へのご褒美にお気に入りのおやつをあげると寂しがり屋のワンちゃんもきっと大喜び!?

スマートフォンやタブレットからの操作で、「Furbo」からおやつが飛び出す仕組み。
これはなかなか面白いですね。

2-Wayオーディオ&わんわん!お知らせ機能

2WAYオーディオ
2WAYオーディオ

Furbo(ファーボ)には、高感度マイクと高性能スピーカーを搭載しており、スマホから自宅のワンちゃんの声を聞いたり話しかけたりすることができます。また、お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動で通知が送られるため、愛犬の緊急事態もすぐに察知できて安心♪

愛犬の緊急事態だったり、家の緊急事態(愛犬が賢ければ)をスマートフォンで検知することができそうです。

いたずらをしているところを発見したら、声をかけてしつけすることもできそうですね。

イタズラ好きの愛犬も大丈夫!!

しっかりテープで固定
しっかりテープで固定

Furbo(ファーボ)を床面には、強力なテープを使用しているため、接地面にしっかりと固定することができます。イタズラ好きのワンちゃんでも、Furbo(ファーボ)を倒してしまう心配はございません。

確かにこのくらいのサイズだと容易く愛犬によって転がされてしまう恐れがあるので、
しっかり固定しておいた方がいいでしょう。

設定方法

設定方法
設定方法

自宅で Wi-fi が使える環境があるのであれば、
専用アプリをインストールし、Furboの設定をちゃちゃっと行うだけで使い始めることができるようです。

レビューにも簡単に設定ができたという声が多数寄せられていますね。

まとめ

個人的には、
ついでに(ちゃんとした量の)ご飯もあげられる機能も付いていたらいいなと思いますが、
おやつが飛び出す仕組みというのはありそうでないんじゃないでしょうか。

外出時にも愛犬の様子が気になる愛犬家の方にはうってつけですね。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ