【VB.NET】プログラムからSQLiteのデータベース及びテーブルを作成

VB.NET, 開発

おはようございます。

VB.NETの連投になります。(ちなみに次回も)

今回はSQLiteを使ったプログラムを作っていきます。

プログラムは前回のものを流用しませんが、WPFのものを移植する感じになります。

SQLiteのパッケージをインストール

SQLite を利用するためのパッケージをインストールします。

NuGetパッケージ管理
NuGetパッケージ管理

ソリューションエクスプローラーからプロジェクトを選択、右クリックし「Nuget パッケージの管理」を選択します。

パッケージの追加
パッケージの追加

Nuget パッケージ管理画面が表示されるので、検索窓に「SQLite」を入力し「System.Data.SQLite」を選択、インストールボタンをクリックします。

確認ダイアログ
確認ダイアログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変更の確認ダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

出力ビュー
出力ビュー

出力ビューに「終了」が出力されればOKです。

ソリューションエクスプローラー
ソリューションエクスプローラー

ソリューションエクスプローラーの「参照」を開くと「System.Data.*」が追加されていることが確認できます。

スポンサーリンク

ビルドを実行する

リビルドの実行
リビルドの実行

上部メニューの「ビルド」>「ソリューションのリビルド」を選択します。

ファイルが出力される
ファイルが出力される

プロジェクトのディレクトリ>bin>Target>x86 、x64 に「SQLite.Interop.dll」が出力されていることが確認できます。

プログラム修正

ロードイベントの追加

フォームのプロパティ
フォームのプロパティ

デザイナー画面を開き、フォームを選択した状態でプロパティウィンドウの「Load」欄をダブルクリックします。

次のようにプログラムが自動生成されます。

Form1.vb

フォームロード時にテーブルを作成する

フォームロード(アプリケーション起動時)に、テーブルを作成するようにプログラムを修正、
先程追加したイベントに次の処理を記述します。

Form1.vb

アプリケーションの実行

上部メニューの開始ボタンをクリックし、アプリケーションを実行すると「MSTKIND」、「TBLCAT」テーブルが作成されます。

A5m2で確認
A5m2で確認

A5m2などを使って確認をしてください。

以上でひとまず完了です。

まとめ

少し長くなったのでここまにして続きは次回にします。

次回はコンボボックス、データグリッドにデータベースから取得したデータを表示したいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

VB.NET, 開発DataGridView, LINQ, SQLite, VB.NET

Posted by doradora