スマート家電コントローラーで Amazon Echo から家電を操作できるようにする

2018年9月12日ガジェット, スマートスピーカー

おはようございます。

先日、Amazon Echo の招待メールが来たので早速ぽちって、
とりあえず使い始めたのですが、やっぱりまだまだ単体で出来ることは限られており、
もっと便利に使いたいなーって欲が出てきたのでスマート家電コントローラーなるものを調べてみました。

その中でも安価で Alexa との相性がいいものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

製品イメージ
製品イメージ

ラトックシステム株式会社から 2017年12月1日に発売された製品で、Amazon Echo(Alexa)に公式対応しています。(今後 Google アシスタントにも対応予定)

なんといっても日本の企業なので、色々と安心ですね。

外出先からスマホで家電をコントロールしたり、自宅ではAIスピーカーとスマホの両方で操作できる新しい家電リモコン。

そもそも、Amazon Echo や Google Home は、日本で広く使われている赤外線リモコンには対応してなく、現状普及しているほとんどの家電の操作ができません。

その点、LINE の Clova は赤外線に対応しているのでこういったハブ製品は不要ではあります。

特長

※枠内は公式より転載

声で家電をコントロール

声で操作
声で操作

Amazon EchoなどのAmazon Alexa対応スピーカーを接続すると、「アレクサ、家電リモコンで○○して」と話しかけるだけで家電のコントロールが可能に。リモコンやスマホを手に取ることなく、ハンズフリーで家電(テレビ・エアコン・照明)の操作がおこなえます。たとえば、両手がふさがっている家事中にテレビの音量やチャンネルを変更したり、ベッドに入ったままエアコンや照明をオンオフすることが可能です。今後、Googleアシスタントに対応予定です。

個人的には、やっぱりリモコンが減らせるのが嬉しいですね。
また、朝起きた直後ベッドに入った状態で電気、テレビ、エアコンを付けたり、お風呂の準備ができたりすると時間の無い朝が楽になります。

こんなに楽してたら人間的にダメになっていきそうですが。。

リモコンをスマホにひとまとめ

スマホでリモコン
スマホでリモコン

アプリのリモコン画面から家電を操作。増え続ける赤外線リモコンを、スマホ1台にまとめてすっきり。おもなリモコンデータは登録済み(プリセット)ですぐに使えます。

スマホからも操作できるのでAIスピーカーをまだお持ちでない方も、とりあえずは便利に利用できる製品だと思います。

外出先から家電をコントロール

外出先から操作
外出先から操作

外出先からスマホでおうちの家電をリモート操作。本体には温度、湿度・照明センサーを内蔵。状況を確認しながら、帰宅前の部屋や、在宅中の高齢者やペットのいる空間を快適に保つことができます。

まだまだエアコンには頼っていないんですが、
これからもっと寒くなっていきますし、外出先から帰った時に部屋があったまっているなんて、こんな嬉しいことがあるでしょうか。

スマホならではの使い方でもっと便利に

スマホならではの機能
スマホならではの機能

タイマー機能では、本製品が指定した時刻にリモコン信号を発信。アイコンを1回タップするだけで連続操作がおこなえる、マクロ機能も備えています。
複数のリモコン画面からよく使う機能だけを集めてオリジナルリモコンを作ったり、スマホ同士でリモコンデータを受け渡しあうことも可能です。

スマホで外出先からも操作できるのでタイマー機能はあまり使わないかなとも思いますが、
例えば起きる時間に先程のエアコン、テレビ、照明なんかの操作をまとめてタイマーしておくと、起きたら全てが付いているのでベッドから出るのが、気持ち的に楽になるかもしれません。

まとめ

AIスピーカーをこれから購入しようとしている方、既に購入している方、今のところ購入の予定がない方にもとりあえずお勧めできる製品だと思います。

スマートホームを実現するために、対応している家電を買いそろえるよりは、間にハブ機能を挟むことで安くそれなりのことができるので興味のある方は試してみては。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ