【C#】WindowsAPICodePackで、各種ファイルのサムネイルを表示してみる。

C#, 開発

おはようございます。

Windowsフォームに画像を表示するのに、
画像ファイルであれば特に何も考えずに表示できますが、
それ以外のファイルでサムネイルを表示する方法を試してみました。

プログラムは新規で、新たにプロジェクトを作成します。

スポンサーリンク

新規プロジェクトの作成

VisualStudio2017で新しく WindowsForm プロジェクトを作成します。
今回は「SampleThumbnailView」としました。

画面の作成

画面
画面

画面にラベル、テキストボックス、ボタン、ピクチャーボックスを並べます。

パッケージの追加

ファイルからサムネイルを作るために、別途パッケージをインストールします。

パッケージの追加
パッケージの追加

ソリューションエクスプローラーで、「参照」を右クリック>「NuGetパッケージの管理」メニューを選択します。

NuGetパッケージ管理
NuGetパッケージ管理

WindowsAPICodePackを入力、表示された「Microsoft-WindowsAPICodePack-Shell」をインストールします。

変更のプレビュー
変更のプレビュー

変更のプレビューが表示される場合は「OK」ボタンをクリックします。

プログラム

Form1.cs

起動してみる

初期表示
初期表示

初期表示、「参照」ボタンをクリックします。

ファイル選択ダイアログ
ファイル選択ダイアログ

今回は試しに Json ファイルを指定してみます。

サムネイル表示
サムネイル表示

サムネイルが表示されました。

存在しないファイルを指定
存在しないファイルを指定

存在しないファイルを指定した場合

エラー表示
エラー表示

デフォルトの画像を表示(エラー)するようにしてみました。

まとめ

単発のネタです。(多分)
あまり利用シーンは少ないかもしれませんが、何かのお役に立てれば。

ではでは。

ソースはこちら。

GitHub

スポンサーリンク


関連するコンテンツ