【CentOS】CentOS7.5 に Tomcat8 をインストールする

Linux, 開発

おはようございます。

昨日に引き続き、
CentOSにTomcatをインストールしてみます。

ひとまずはデフォルトのページが表示できるところまで。

スポンサーリンク

Tomcat管理用ユーザーの追加

流石にrootで実行するのはセキュリティ上よくないので、
Tomcatの管理用ユーザーとして専用のユーザーを追加します。
また、通常利用できないように nologin としておきます。

root で SSH接続し、次のコマンドを実行。

ダウンロード

次のページからダウンロードします。
ダウンロードページ

Tomcatダウンロードページ
Tomcatダウンロードページ

最新版(2018年10月時点)である、
Tomcat 8.5.34 の、圧縮ファイルを選択し、ダウンロード。

ダウンロードしたファイルをアップロードします。

インストール

サーバーにアップロードしたファイルを解凍、配置します。

解凍

配置

権限設定

シンボリックリンクの設定

リンクの作成

バージョンによってパスが変わるので、シンボリックリンクで吸収します。

上記のようにしておくと、
バージョンが上がった場合もリンクを変更するだけで大丈夫です。

プロファイルの作成(パスの設定)

プロファイルを作成してパスを通します。

サービスの登録

サービス定義ファイルの作成

コマンド

ファイルの内容:

[Unit]
Description=Apache Tomcat 8
After=syslog.target network.target

[Service]
User=tomcat
Group=tomcat
Type=oneshot
PIDFile=/opt/tomcat/tomcat.pid
RemainAfterExit=yes

ExecStart=/opt/tomcat/bin/startup.sh
ExecStop=/opt/tomcat/bin/shutdown.sh
ExecReStart=/opt/tomcat/bin/shutdown.sh;/opt/tomcat/bin/startup.sh

[Install]
WantedBy=multi-user.target

権限設定

起動してみる

次のコマンドを実行し、Tomcatを起動、http://[ホスト or IP]:8080/ にアクセスします。

Firewallでポートが遮断されている場合は次のコマンドを参考にして、一時的に開放して確認します。

解放

遮断

Tomcat管理ページ
TomcatのWelcomeページ

無事に起動できました。

まとめ

wget コマンドでサーバー上で直接 Tomcat をダウンロードすることもできますが、
前回の記事と合わせるため、あえて一旦ローカルにダウンロードしてからアップロードしました。

ひとまず、これでインストール系は完了しましたので、
次回は Nginx と Tomcat を連携させてみたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ