お気に入りの楽曲がインテリアになる「Lyric Speaker Canvas(リリックスピーカー・キャンバス)」がヤバい!

ガジェット

おはようございます。

最近はスマートスピーカーが何かと話題となっていますが、
喋るわけでもないのに、ある意味ものすごくスマートなスピーカーが発売されたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Lyric Speaker Canvas(リリックスピーカー・キャンバス)

製品イメージ
製品イメージ

公式ページ

株式会社COTODAMAより2018年11月16日に販売開始された、音楽を再生すると歌詞が浮かび上がる次世代型のスピーカー。

2016年に販売開始したモデルの新ラインナップとなっており、よりインテリアに溶け込むようなデザインとなっています。

2016年に販売開始されたリリックスピーカーは、私もテレビなんかで観たことがあって物凄い興味をそそられた記憶があります。

結構話題となったと思うので知っている方も多いかと思います。

コンセプト動画はこちら。

アリアナグランデ Ver

 

特長

※枠内は公式より転載

歌詞をインテリアのように飾る

インテリア性抜群
インテリア性抜群

お気に入りのレコードのジャケットを飾るように。Lyric Speaker Canvasは歌詞を部屋に美しく飾るスピーカーです。壁に立てかけたかのような2枚のボード。前面のボードからは歌詞のモーショングラフィックが浮かび上がり、背面のボードからは美しいサウンドが響き渡ります。ふと目と耳にしたアーティストの言葉に背中を押されたり、何かを気づかされたり。そんな言葉からのインスピレーションを暮らしの中に。

部屋の様々な場所を彩るデザイン

リリックスピーカー・キャンバスは、さまざまな場所にフィットするキャンバス型のデザイン。棚の上にお気に入りの絵やレコードとともに置いたり、大胆に床に置いたり。あなたならではの歌詞の飾り方を楽しんでください。

世界水準のエンジニアと作り上げたサウンドクオリティ

Lyric Speaker Canvasは、ハイエンドスピーカーシステムに対する深い知識と経験を持つ名匠、Tom’s labが基本設計を担当。
これらの世界水準のサウンドデザイナーとともに私達が目指したのは、音楽性あふれる音響効果とピュア・ヴォイスによる、まるでシンガーがそこで歌っているような感覚です。そこで2つのボードを大きなバッフル板として活用し、効率的に音を反射させる筐体を設計。さらに、壁にそって設置した場合、室内の壁もスピーカーの共鳴部として活用できるリア・リフレクション方式を採用することで、豊かな低音域と伸びやかな高音域が響き渡る美しいサウンドを実現しました。

豊富な対応楽曲

対応している楽曲は240万曲で、今後も増えていくかと思います。

また、歌詞の表示されるエフェクト効果も毎回ランダムとなっており、同じ曲でも再生するたびに変化するので飽きさせません。
歌詞が対応していない曲であってもエフェクト効果(パソコンのスクリーンセーバーみたいなやつ)だけは表示されるようになっているので、それはそれで楽しめるかと思います。

主要なストリーミングサービスが利用可能

アプリ接続イメージ
アプリ接続イメージ

AirPlay、Google Cast に対応していて、Spotify、Apple Music、Amazon Music等の主要なストリーミングサービスを利用することができます。

また、専用アプリ「Lyric speaker」が用意されているので、他のストリーミングサービスを利用していなくても安心です。

※接続は Wi-Fi のみとなります。

まとめ

とにかくかっこいい!

インテリアとしても抜群だし、なんとなくいつも耳で聞いている歌詞も目で見るとまた印象が変わってくるんじゃないかと思います。

値段はやっぱりそれなりにするのですが、前モデルの半値程で、16万5000円(税別)となっています。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ