Oracle Database 12c Release 2 を Windows10 にインストールする

Oracle, 開発

おはようございます。

約1年ぶりに、Oracleのインストール記事です。

既に 19c までリリースされている中、あえての 12c という。

スポンサーリンク

ダウンロード

ダウンロードページ

Oracleダウンロードページ
Oracleダウンロードページ

ページ上部に設置されている「ライセンスに同意する」にチェックし、
「Microsoft Windows x64(64-bit)」の File1をクリックしてダウンロードします。

※ダウンロードには Oracle アカウントでのログインが必要となります。

インストール

ダウンロードした、「winx64_12201_database.zip」を解凍します。

解凍したディレクトリ配下にある「setup.exe」を管理者として実行します。

コマンドプロンプト
コマンドプロンプト

コマンドプロンプトが起動し、インストールが開始されます。

セキュリティアップデート画面
セキュリティアップデート画面

セキュリティアップデートの構成画面が表示されるので、チェックを外して「次へ」ボタンをクリックします。

※必要があれば、メールアドレスを入力してチェックしたまま次へボタンをクリックしてください。

セキュリティアップデートの警告メッセージ
セキュリティアップデートの警告メッセージ

メールを受け取る設定にしなかった場合、警告メッセージが表示されますので、気にせず「はい」ボタンをクリックします。

インストールオプション画面
インストールオプション画面

インストール・オプションの選択画面が表示されるので、「データベースの作成および構成」にチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。

システム・クラス画面
システム・クラス画面

システム・クラス画面が表示されるので、「デスクトップ・クラス」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

Oracleホーム・ユーザーの指定画面
Oracleホーム・ユーザーの指定画面

Oracleホーム・ユーザーの指定画面が表示されるので、「新規Windowsユーザーの作成」にチェックし、ユーザー名、パスワードを入力して「次へ」ボタンをクリックします。

(11gまでと違い、Windowsの標準ユーザーが必要となります)

標準インストール構成画面
標準インストール構成画面

標準インストール構成画面が表示されるので、必要な箇所を設定、管理パスワード、パスワードの確認欄を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

データベースエディション:Standard Edition 2
キャラクタ・セット:JA16JISTILDE

としました。

パスワードの警告
パスワードの警告

パスワードの警告メッセージが表示される場合がありますが、今回は気にせず「はい」ボタンをクリックします。

前提条件のチェック
前提条件のチェック

前提条件のチェックが実行されます。しばらくお待ちください。

サマリー画面
サマリー画面

前提条件のサマリーが表示されるので、内容を確認して「インストール」ボタンをクリックします。

インストール中
インストール中

製品のインストール中。まあまあ時間がかかりますが、しばらくお待ちください。

インストール完了
インストール完了

終了画面が表示されれば、インストールは完了です。「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

接続してみる

コマンドプロンプトを起動し、SqlPlusで接続の確認をしてみます。

コマンドプロンプト
コマンドプロンプト

無事に接続することができました。

まとめ

12cは11gまでと違い、マルチテナント・アーキテクチャとなっており、DBの構成も変わりますので、
ユーザーやテーブル作成などはまた次回ということで。

何かのお役に立てれば。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

Oracle, 開発Oracle, インストール

Posted by doradora