読了した本の金額を計算してくれる読書管理アプリ「読書通帳 ReadingPassbook」で読書の楽しみが増えるかも

サービス

おはようございます。

昨日は雨こそ降りませんでしたが風がすごかったですね。
網戸が枠から外れてしまって網戸としての機能を失っている家を何件か見かけて、急いで自分の家の網戸を確認しました。(大丈夫でした)

ということで今日の本題です。

以前、積読本を管理するサービス「積読ハウマッチ」を紹介しましたが、
読了した本やこれから読みたい本などを管理できるアプリが登場したので紹介します。

積読ハウマッチの記事はこちら

スポンサーリンク

読書通帳

個人開発をされている ソラマチ@見習いエンジニア@soramatiriku さんが公開した読書管理アプリ。

サービストップイメージ
サービストップイメージ

自身も読書家ということで、理想を詰め込んだサービスとなっています。

デザインはシンプルなんですが、変にごちゃついているよりセンスがある感じで素敵ですしちょっと使ってみた感じでは動作も軽く使いやすそうです。

特長

簡単登録

検索イメージ
検索イメージ

タイトル、著者で簡単に本が検索できます。

読了した本を探す際や、これから読みたい本を探す際に便利です。

また、検索結果には本の表紙イメージがついているのでパッと見で分かりやすいです。

※イメージがない場合もあります。

読了した本の合計金額(目安)を計算してくれる

読了本の合計金額
読了本の合計金額

読了した本を登録すると、本の販売価格を計算してくれます。

読書に費やしてきたお金を計算してくれるので、また次の本を読むモチベーションにつながりそうですね。

※実際に自分が購入した金額ではないため目安となります

これから読みたい本を管理できる

読みたい本の登録
読みたい本の登録

本屋で見つけた本、SNSで見つけた本など、今度読みたいなって思った時に登録しておくと気付いたら忘れていたってこともなくなります。

私も結構やってしまうんですが、あれ?なんていう本だっけなってことありますよね。

本棚機能

My本棚
My本棚

読了した本は、My本棚に格納されます。

複数巻ある本だと、どこまで読んだっけと分からなくなることがありますが、本棚で管理しておけばそんなこともなくなりそうです。

現時点では本棚は読了した本を眺めることしかできませんが、今後何かしらの機能が組み込まれると更に便利になりますね。

お気に入り機能

気に入っている本をお気に入りに登録する機能もついています。

こちらも、現時点ではお気に入りに追加してから出来るアクション(機能)はありませんが、

例えば誰かに紹介したい本などを登録しておくと、サッと見てすぐに紹介したりもできますね

まとめ

よくある読書管理アプリ、サービスと違い読書に費やしてきた金額を知ることができる面白いアプリです。

個人的には、積読ハウマッチのように少しSNS的な機能も追加されるともっと面白いかなと思います。(ランキングとか)

まだリリースされたばかりのアプリですので今後のアップデートに期待ですね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

読書通帳はこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ