1年ぶりにあのスマートバンドに新モデルが登場「HUAWEI Band 4」

ガジェット, スマートウォッチ

おはようございます。

いやはや年月の経過の早いこと早いこと。

昨年10月に紹介した「HUAWEI Band 3 Pro」の後継機が出るようなのでサクッとご紹介。

私は未だに Band 2 Pro を利用中ですが、いい加減買い替え時でしょうかね。

スポンサーリンク

HUAWEI Band 4

製品イメージ
製品イメージ

2019年11月22日に発売予定当のスマートウォッチ。

当ブログでもシリーズを毎回紹介していますが、HUAWEIから販売されているスマートバンド型ウェアラブルデバイスの最新機種となります。

Band 3 Pro との大きな違いは内蔵USBプラグで直接充電できるようになったことと、画面デザインをカスタマイズできることですかね。

基本的なアクティビティトラッカーやモニタリング機能なんかはそのまま引き継がれています。

特長

※枠内は公式より転載

人間工学に基づく快適性を備えた新しいデザイン

HUAWEI Band 4は、サクラピンク、アンバーサンライズ、グラファイトブラックの3色を用意しています。

2.5Dのカラフルなタッチスクリーンは、素晴らしい視覚体験、魅力的なインターフェイス、スマートなメッセージ通知機能を提供します。

私は今もブラックを使っているのでそのままブラックがいいかな。

液晶がカラーなのはやっぱり見やすくて良さそうですね。

ウォッチフェイス機能

ウォッチフェイス
ウォッチフェイス

あなたの個性を支える、あなたらしいライフスタイルを送ることができるウォッチフェイスデザイン。
ファーウェイ ウォッチ フェィスストア*1は、さまざまなスタイルのスポーツ、インテリジェンス、およびハイテクなどのさまざまなウォッチフェイスを提供しています。その日の 気分によってスタイルが変えられます。

*1.HUAWEI ウォッチ フェィスストアはAndroidでのみ利用可能であり、利用可能性は地域によって異なります。

ウォッチフェイスで個性を演出できますね。

好みもあるでしょうし、時々変更すると気分も変わってよさそうです。

内蔵USBプラグで簡単充電、長時間使用

USBプラグ
USBプラグ

わずらわしいケーブルは不要です。HUAWEI Band 4の内蔵USBプラグは、充電ケーブルが無くても直接充電器に差し込むことができます*2。また、バッテリーは通常で約9日間連続で使用可能*3。

※本製品を充電器に接続する際は、USBポートの電極面を合わせて接続する必要があります。接続する向きにご注意ください。

*2.正常に充電できるように、充電する前に充電ポートの水、汚れの汗を取り除きます。 一般的なUSB充電器が必要です。
*3.HUAWEIラボテストの結果に基づきます。 バッテリーの寿命は、実際の使用状況によって異なります。

バッテリーの持ちも若干よくなったのもいいですが、何よりケーブルが無くても充電できるのは魅力的です。

今までのものは別途充電器が必要で、しかもちょっとはめるのに手間取ってしまうが地味に辛かったのですが、差し込むだけで充電できるのでストレスフリーですね。

いつでもアクティブにトレーニングを

アクティビティトラッカー
アクティビティトラッカー

屋内ランニング、屋外 / 屋内ウォーキング、屋外 / 屋内サイクリング、ローイング、エリプティカル、自由訓練まで、便利な9つのモードからエクササイズを選択し、ワークアウトをトラッキングします。屋内外でのどちらのアクティビティでも快適に利用できます。 HUAWEI Band 4は、心拍数、心拍数ゾーン、歩数、距離、速度、カロリーなどの詳細なデータ結果を提供し、いつでもアクティブに自分自身で運動やトレーニングを改善することができます。

※医療機器ではありません。

※身に付けるだけでトレーニングするようになる訳ではありません

まとめ

個人的に HUAWEI Band 2 Pro を約3年間使い続けていますが、耐久性なんかは全然問題ありません。

いまだに現役で活躍してくれています。

更に昔より価格も安くなってきているので、まだスマートウォッチを持っていない方や
買い替えを検討している方は是非チェックしてみてください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ