手のひらサイズの薄型プロジェクター「Homey Pro」でおうち時間が楽しくなる

2020年5月15日ガジェット

おはようございます。

東京も10日連続で感染者が100人を下回り、

少しずつ希望もみえてきましたが、まだまだおうち時間が続きそうです。

今回の外出自粛制限で、おうち時間を楽しく過ごすために何かしら購入したという方も多いかと思います。

お届けは8月になるので、その時にどうなっているか分かりませんが、新しいプロジェクターを紹介。

スポンサーリンク

Homey Pro

製品イメージ
製品イメージ

クラウドファンディングサイトの makuake にて、2020年06月29日まで支援を募集中の小型プロジェクター。

54,800円が、最大13,000円割引で購入できるチャンスです。

プロジェクトページより転載

Homey Proは、今まで手に取った人を次々と驚かせてきました。

実際に使用した方は、「感動した!」との声をいただくほどです。

これらの数々の機能を見れば、次から次へと目移りしてしまうかもしれませんね。

しかし、なんといってもライフスタイルに溶け込みコンパクトで見たことのないデザイン。

そして、おうち時間をエンターテインメント空間へと早変わりさせる能力は見逃さないでください。

何度かお話しさせていただいていますが、

私はシーリング型のプロジェクター「Popin Aladdin」を利用していますが、置き場所に困らないのが気に入っています。

ただ、少し不満に思っているのは、天井に固定されているので他の機器と接続することができないという点です。

コンパクトで置き場所に困らない Homey Pro はその両方を叶えてくれそうです。

特長

※枠内はプロジェクトページより転載

コンパクトで持ち運びもできる

コンパクトな本体
コンパクトな本体

あなたがこのプロジェクターを実際に手にした時、思った以上の小ささ・軽さに驚く事になるでしょう。

Homey Proは、限界までプロジェクターをコンパクトにする挑戦をした結果、ここまで最小化する事に成功しました。

薄型なのでポケットにも入れられてしまいます。

また、満充電でそれぞれ下記の時間利用できるので、本体だけ持ち運んで利用することも出来そうです。

・音楽再生時間=30時間

・動画再生時間=3時間

・15分充電で1時間の動画再生

迫力の120インチ

120インチの大画面
120インチの大画面

投影面積は、最大で120インチです。

縦が約1.5m、横が約2.6mもあります。一度、あなたのお部屋の壁を見渡して頂いても良いですか?

このサイズが十分すぎるほど大きい事に気付いて頂けると思います。

おそらく、一般的な人は120インチって想像もできないと思うんです。

家電量販店のテレビコーナーなんかで、大型のテレビをみて大きいなーって思ったことがあるのであれば、それよりも遥かに大画面とイメージしてもらえれば。

タッチパッド搭載

タッチパッド搭載
タッチパッド搭載

Homey Proの背面には、タッチパッドが付いています。

お持ちのノートパソコンと比べても、何も違和感が無い程の感度を持っています。

ややこしい設定も無く、電源を入れた瞬間に、直感的にHormey Proを操作する事が出来ます。

小さくて場所を選ばないので、一般的なキッチンでもこの様に十分お使い頂けます。

おうちごはんをご家族で一緒に作る際には、iPadより小さいのに大きな映像で映してくれるHormey Proが、幸せなひと時を演出してくれます。

もちろんリモコンもついているので、自宅でゆっくり使う場合はリモコンを利用すると便利です。

スマホのミラーリングも可能

ミラーリング可能
ミラーリング可能

本体からも操作は出来ますが、あなたのスマートフォンに接続をしてみてください。

スマートフォンに入ってる動画も、YouTube等の動画サイトも、スマホから全て操作をする事が出来ます。

スマホの画面が120インチの大きなスクリーンに映し出され、まるで寝室が映画館の様に早変わりします。

スマホのミラーリングができるので、スマホゲームや写真、動画なんかも大画面で観ることができます。

まとめ

本体以外にも三脚、HDMIケーブルもついてきます。

HDMIに対応しているので、話題の Nintendo Switch もプレイできますね。

持ち運びができるので自宅だけでなく、外出先や屋外でも活躍してくれるのも嬉しいポイントです。

気になった方はチェックしてみてください。

プロジェクトページはこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2020年5月15日ガジェットガジェット,プロジェクター

Posted by doradora